いくつか考えられる乾燥肌の原因

乾燥肌の原因

肌トラブルに悩む女性寒い時期から春先まで、カサカサお肌に悩む人が多くなります。乾燥肌の原因として、考えられる事を以下に書きます。

  • 気温・湿度のため
  • 老化(加齢)のため
  • 新陳代謝能力の低下
  • 体質のため
  • 間違ったスキンケアのため
  • 食事バランスが悪いため
  • ストレスや睡眠不足

例えば外気の乾燥などにより、皮膚の(表皮の)角質層の脂分(あぶらぶん)が減少します。
そのため「肌の保水力」が低下して、カサカサになってしまいます。

新陳代謝能力が低下したために、周期的に肌の入れ替わりが行なわれないと、古い角質が剥がれ落ちて新しい肌が出てきません。その古い角質が付着したままになってしまいます。これでは、肌がカサカサな状態になります。

ストレスや睡眠不足・疲労により、血液の循環が悪くなってしまった場合も、「肌荒れ」を起してしまいます。

外気の乾燥

例え肌が水分を持っていても、外の空気が乾燥していたら、水分がドンドン蒸発してしまいます。

日常生活において、肌からの水分蒸発による乾燥を実感する場面があります。
例えばエアコンで暖房されている部屋にいると、「腕や肩の辺り」が「かゆくなってしまう」ことがあります。これは肌の水分が少なくなり、肌が乾燥している可能性があります。

「赤ちゃん」や「子供」は大人に比べて皮膚が薄いので、肌が荒れやすいです。特に赤ちゃんは肌の脂分が少ないので、乾燥しやすいです。なので、室内の温度にも注意しましょう。

角質層・皮脂膜の老化

乾燥肌は、体の水分蒸発を防いでいる「角質層の衰え」や、角質層を保護している「皮脂膜の分泌が衰えること」により起こります。これらの「衰え」によって、肌は乾燥して、体全体の水分量が低下します。

一般的には20歳から25歳位までをピークにして、体の水分量が減少して、「新陳代謝の衰え」が出てきます。
こうなってきたら、毎日しっかりと保湿ケアをする必要があるでしょう。そうしないと、肌の水分バランスが壊れて、カサカサになってしまいます。入浴した後や洗顔した後、水仕事をした後では、すぐに(可能なら3分以内に)化粧水や乳液、クリームなどを付けて保湿ケアしましょう。そして肌を保護しましょう。

毎日の生活から、肌を元気にしましょう

これら以外にも、生まれつきの皮膚の丈夫さ具合も、乾燥肌の原因として考えられるかもしれません。
もしも原因がわかれば、正しく対策できると思います。まずは生活習慣を改善して、肌に良い栄養を取りましょう。きっと「肌が元気になる」と思います。

乾燥肌は、単に肌がカサカサするだけ、そう思ってる方も多いと思います。しかしときには、湿疹の原因となったりするそうです。
乾燥肌になると、皮膚の表面を保護していた皮脂膜が破れた状態になったりします。そして皮膚の内側に、外部から刺激物質が侵入したりします。その侵入した物質によって、湿疹が発生したりするそうです。

そんな皮膚の症状を防ぐためにも、肌を元気にしてください。