ここ最近眠れない、「一過性の不眠」の原因

「一過性の不眠」の原因

不安な人睡眠障害(不眠症)には、一過性の不眠と慢性的な不眠があります。
一過性の不眠とは、一時的なものです。数日から数週間くらい続きますが、長引くことのない不眠です。

この一過性の不眠の原因は、様々です。
例えば騒音や、温度・湿度の不快感という環境的な要因が、原因となります。

その他には、
「時差ぼけ」などのように睡眠時間が変化したこと、
家族の不幸など精神的に大きなストレスを受けたこと、
入学試験や大事な会議などの緊張感を感じたこと、
一過性の病気になったことなどが、原因となります。

このように一過性の不眠は、気持ちが高ぶった時や気がかりな事・心配事がある時に起こります。

脳がストレスを受ける事

脳がストレスを受けると、不眠になってしまう場合があります。ストレスにより脳が神経を刺激して、極度の緊張状態が続くためです。これが不眠を引き起こします。

現代では、様々なストレスの原因があります。多くの人が仕事のことや学校のこと、いじめ・人間関係・病気などでストレスを抱えています。

ストレスによる不眠の場合、治すためにはストレスの原因を取り除く必要があります。不眠が長期化すると、うつ病などになってしまう可能性があります。ストレスを解消する対策を、早めに行なう必要があります。

ストレスを解消して眠りましょう

ストレスが原因となっている病気は不眠症を始め、たくさんの病気があります。よって過剰なストレスは体に悪いという事を、多くの方が理解していると思います。

ストレスの解消法については、様々な方法が提案されています。
私自身が「いいなと思った方法」として、自分の好きなこと、例えば趣味やスポーツなどを思いっきり行なうという方法があります。

1週間において「ある程度の時間」、自分の好きなことに熱中できる時間を作っておけば、ストレスの解消に有効だと思います。仕事や学校などでツラいことがあっても、「なんとか頑張ろうという気持ち」を保てると思います。

その他には笑うことがストレス解消に繋がる、と聞いたことがあります。なので、ご自身が腹の底から笑える事を楽しむのも、ストレスの解消に役立つと思います。

そしてストレスの解消には、充分な睡眠も有効です。寝たふりをするなどして何とかして寝てしまえば、次の朝、意外と心がスッキリしている場合もあるようです。
自律神経のバランスを保つという点からも、夜中までには(夜12時までには)眠ってしまうようにしましょう。

ストレスは睡眠だけでなくて、健康にとっても悪い影響を与えます。自分に合うストレス解消法を、見つけておきましょう。

心配事

なかなか思うように睡眠を取れない、という方がいます。その原因の一つとして、悩みなどの心理的な事が挙げられます。

悩み事や心配事が原因で、不眠症になる時があります。悩み事について考え過ぎると、不眠症が「さらに悪化してしまう可能性」があります。なるべく考え過ぎないようにすることが大事と言えます。

ところで心配事があると不眠になってしまうのは、なぜでしょうか?
それは心配事があると、脳が覚醒し続けるように働いてしまうからです。

私たちの祖先の頃の話になりますが、洞窟などで生活していた時、恐ろしい肉食動物に襲われるかもしれないという、常に危険が存在する中で生活していました。
そんな環境で生きるため、危険がある状態・心配事がある状態では、「脳が眠ってしまわないような仕組み」となりました。

そのメカニズムが、この現代社会においても有効に働いているようです。よって心配事があって緊張している状態では、眠れないようです。

だからと言って、眠りたい時に眠れないのも困ります。自分ではどうにもならない場合は、医師や薬剤師と相談して、睡眠薬の助けを借りて寝てしまうという方法も検討しましょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム