下半身太りの原因の一つ・セルライト

下半身太り

特に女性の中では「下半身太り」を気にしている方が多い、と思います。
下半身太りの原因としては、「骨盤の歪み」にあると言われています。骨盤が歪むことによって、下半身全体が歪みます。そして「血液やリンパ液の流れ」が悪くなり、脂肪の代謝も悪くなります。すると、脂肪やセルライトがついてしまい、それがさらに「血液やリンパの流れ」を悪くしてしまうという悪循環に陥ってしまうそうです。
一般的に女性は、下半身に皮下脂肪を溜め込みやすいです。なので、セルライトも下半身に発生しやすいです。よって、下半身太りになりやすいと言えます。

セルライトができやすい生活について言うと、スナック菓子や甘い物ばかり食べている、お酒を飲み過ぎているという「食生活の乱れ」がある生活と言えます。セルライトは、この「食生活の乱れ」から起きる脂肪が蓄積された状態を意味します。

便秘や喫煙、カフェインの過剰摂取、運動不足などもセルライトを引き起こす原因になります。

または、食べ物や姿勢が原因で、下半身に水分が溜まってしまうこともあります。いわゆる下半身の水太りです。
海藻やフルーツを食べずに、味の濃い物や加工食品などを食べ過ぎると、カリウムとナトリウムのバランスが崩れます。そしてタンパク質不足を起こして、組織内に水分が停滞します。
悪い姿勢や正座、脚を組んで座るなどの習慣が、動脈やリンパ管を圧迫して下半身の水分を停滞させることもあります。
「下半身痩せ」を考えている人は、生活習慣を改善することも必要となります。

太もも太り

大人になってから「下半身が太ってしまった……」、特に「太ももがポッチャリしてきた」という人は多いようです。
大人になると運動をすることが減るためか、「太もも」に「お肉」が付いてしまうようです。歩くたびに「太もも」が揺れてしまう、という事例も結構あるようです。

そんな状況より下半身全体をダイエットしたい人や、「下半身痩せ」を目指している人の中には、「太ももの引き締め」を考えている人もいると思います。

「太もも」を痩せさせるには、「太もも」の太り方のタイプを理解して効果的な運動をする必要があったりします。
「太もも」から「膝の上」まで脂肪が付いている人は、「太もも」の前側の筋肉を鍛える必要があります。
「太もも」の外側が気になる人は、「太もも」の前側の筋肉が付き過ぎているので、「太もも」の裏側の筋肉を鍛える必要があります。
鍛え方によっては、筋肉を付け過ぎて太くなってしまう事もあります。ほどほどに鍛えるのが良いようです。例えばウォーキングをしたり、有酸素運動を行なって身体全体の代謝を良くして、その上で「太もも痩せ」に効果のあるエクササイズをすると、希望通りに「太もも」が痩せるようです。

その他にも「太もも」を細くする方法としては、半身浴やマッサージなどがあります。また、「太もも」のセルライトをなくす事でも、「太もも痩せ」を期待できます。
実は「太もも」という部分は、セルライト(老廃物の塊)が付きやすい場所です。脂肪が付きやすい所でもあります。ただし「太もも」には血管やリンパ管があり、それらを脂肪で保護する必要もあります。

運動して体重は減ったけれど、「太もも」だけがなぜか痩せない。そんな場合は、「太もも」に効果があるエクササイズをしてみましょう。
ちなみに「太もも」は、簡単に痩せない部分と言われています。「太もも」が太くなる原因は、人それぞれのようです。例えばスポーツをしている人は、筋肉が付くことで「太もも」が太くなります。

下半身太りの原因の一つ・セルライト

セルライト下半身太りの原因には、様々あります。その中でもセルライトが下半身太りの原因の一つと、よく言われています。

セルライトとは、主に女性の「腹部・お尻・太もも」などにあると言われている皮下脂肪です。より詳しく言うと、皮下組織の中にある老廃物水分のことです。肥満の原因として、よく知られています。
そしてセルライトがある状態とは、「太もも」や「お尻まわり」の皮下脂肪組織がスポンジのようにどんどん脂肪や水分、老廃物などを溜め込み、肥大してしまう状態のことを言います。

セルライトは、ほとんどが脂肪からできています。しかし普通の脂肪組織とは異なるようで、ダメージを受けてしまった脂肪細胞組織と言われています。
セルライトは、皮膚のすぐ下の脂肪組織に形成されています。なので痩せている人にも、セルライトがあるそうです。

セルライトができる原因は、脂肪のために血行が悪くなったため、代謝不良になったためと言われています。「お尻や太もも」など、脂肪が多い場所にできやすいそうです。

フランス生まれの言葉

セルライトという言葉はフランスで生まれた、と言われています。
1973年、ニューヨークのエステサロンの経営者が、セルライトについての本を出版してベストセラーになりました。それによって、一般に広く知られるようになったそうです。

日本に「その情報」が入ってきた時期は、よくわかっていません。ですが日経産業新聞の1996年の記事で、セルライトが紹介されていたようです。
2000年代以降テレビ番組などを通じて、日本でも一般に知られる言葉となったようです。

医学用語ではありません

セルライトという言葉は、主に美容業界や健康食品業界において用いられています。実際のところ、セルライトという言葉は医学用語ではありません。医学的にも、その存在は確認されていないようです(2008年時点)。
「セルライトと通常の皮下脂肪の違い」については、いくつかの説があります。しかし科学的な検証は不十分だそうです(2008年時点)。

ちなみにエステサロンなどにおいては、セルライトかどうかは外見上の特徴で判断されているようです。
例えば「血行が悪くて脂肪が多い所にできる、肌の表面がデコボコした皮下脂肪の塊」を、セルライトと判断したりしています。
その他にも、以下のように言われたりしています。
「脂肪組織に老廃物や水が溜まった物」「リンパ液が固まった物」「成分のほとんどはコラーゲンである」。

セルライトの対処法

美容業界や健康食品業界などでは、セルライトは脂肪が変形して固まってしまっているため、通常の皮下脂肪に対する対処法では解消できない、と言っているようです。
そしてセルライトに対しては、マッサージを始め、美容整形手術という特別な治療や、専用の食品を用いる食事療法が必要である、と言っています。

例えばセルライトを減らす方法の一つに、温冷浴やリンパマッサージをして老廃物を取り除くという方法があります。温冷浴とは、首や脇に「お湯」と「冷水」を交互にかけることです。交感神経を刺激することで、体脂肪を燃焼させようという方法です。

これに対して、セルライトを否定する立場からは、セルライトと呼ばれる物は普通の皮下脂肪と変わりない。なので、運動とカロリー制限を組み合わせるという通常のダイエット方法で対応できる、と言っています。ダイエットで皮下脂肪が減少すると、セルライトと言われている部分のデコボコしている脂肪も減少して目立たなくなる、と言っています。

どちらの言っている事が医学的に正しいのか、よくわかりません(2008年時点)。
よくわからない状態なので、下半身ダイエットの商品で、あまりにも怪しそうな物を選ばないように注意してください。例えば「セルライトを100%消します!」と宣伝している商品を、買わないようにしてください。

脚痩せして「悩み」を解消しましょう

「脚痩せ」の目的の中で、一番多い目的はコンプレックスを解消することだそうです。
太い脚に対しては、それぞれの人に「それぞれの悩み」があるようです。

「もっと脚をキレイに見せたいのに……」
「彼氏や夫に、太い脚を見られたくない……」
 

「脚太り」は、深刻な病気の原因であるとは言えないでしょう。主に見た目の問題となります。ですがそれは、女性にとっては重要な問題です。
もしも「脚痩せ」を実現できたことで「明るい気持ち」になれるなら、とても良い事です。自信をつけるという意味では、精神的なケアとも言えます。

実はセルライトは、自律神経と関係があると言われたりしています。「自律神経の乱れ」が、大きく関わってくるようです。セルライトがなるべく体にできないようにするためにも、普段から自律神経が整うような生活――気分が明るい生活――を送りたいです。