「胸の大きさ」と関係がある女性ホルモンの分泌量

なかなか胸が育たない……

「豊胸のマッサージやエクササイズをしているのに、その効果がほとんどない」
「豊胸のサプリメントを飲んでも、なかなかバストが大きくならない」
「豊胸のクリームを使っても、やっぱり効果が出ない」
 

このように思っている人はたくさんいる、と思います。バストを育成するには、やはり時間が掛かるようです。

胸が小さい原因

また、普段の生活において、胸が大きくなることを妨げている原因もあるようです。
効果が出ない原因を、いくつか挙げてみます(詳しくは専門医と相談してください)。

  • 下着が自分の体型に合っていない。
  • 姿勢が悪い。猫背である。
  • 「ひどい肩こり」を持っている。
  • 冷え性の体質である。いつも手足が冷えている。
  • 便秘になることが多い。
  • 運動を、ほとんどしない。
  • 極度のダイエットをしている。
  • 喫煙をしている。
  • コーヒーや紅茶などのカフェインを、取り過ぎている。
  • 日常生活において、リラックスする時がない。
  • 熱い「お湯」で入浴をしている。

上記に挙げた中の一つ・便秘について補足すると、便秘を解消することは、豊胸に必要な栄養を吸収できる体質になるという事に繋がります。豊胸を目指している人は、まずは便秘の解消に努めましょう。

女性ホルモンの分泌量が少ない事

多くの女性たちが抱えている「胸の大きさ」の悩みと言えば、やはり小さいことでしょう。胸が小さい理由は、きっと遺伝だと思う。だから、その解決方法は豊胸手術するしかない。こんな風に諦めている人も、いるかもしれません。

実はその原因には、女性ホルモンが関係しているそうです。

女性ホルモンが充分に分泌されていないと、乳腺の発達に悪い影響を与えます。

脂肪が胸に付かなくなり、そのため胸が小さくなります。女性ホルモンの分泌については、思春期から成人期に多く分泌されます。その分泌が多いほど乳腺が発達します。そして脂肪が胸に付いて、大きな胸になります。

多くの場合、胸は成長期に大きくなります。しかし、この時期に頻繁にスポーツをしていたり、大きなストレスを抱えていたりすると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。充分に分泌されません。
そうなると、脂肪が胸に付きません。そのまま未発育の状態になってしまいます。豊胸のためには、女性ホルモンを活性化させることが大切と言えます。

女性ホルモン

豊かな胸を始めとする、女性らしい体を作るのに重要な働きをする女性ホルモンについて、お話したいと思います。
女性ホルモンは、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類に分けられます。

エストロゲン

エストロゲンとは、「排卵や月経を起こす働き」を持っているホルモンです。
その他の働きとしては、皮下脂肪を蓄えて丸みのある体を作ったり、お肌にハリや潤いを与えたりもします。コラーゲンを再生したり、髪のツヤを出したりと、美しい体を作るのに欠かせないホルモンです。

プロゲステロン

プロゲステロンとは、母親になる際に大切な役割を果たすホルモンです。
黄体期(排卵してから月経が始まるまでの期間)に分泌されて、「月経の周期を決める働き」をします。子宮内膜の成長を促したり子宮筋の働きを調整したりなど、妊娠や出産にとって大切な働きをします。

その他の働きとして、乳腺を発達させる働きもあります。貧乳に悩む人にとってポイントとなるホルモンである、と言えるでしょう。

分泌される時間

ちなみに、女性ホルモンが多く分泌される時間は、夜中の12時から午前3時です。この時間帯に起きていると、ホルモンのバランスが乱れてしまう原因になります。
女性らしい美しい体になるためにも、夜更かししないようにしましょう。

女性ホルモンの大敵・ストレス

女性が女性らしい美しい体になるためには、女性ホルモンのバランスが影響しています。この女性ホルモンをうまく調節できれば、女性らしい美しい体になると言えます。

女性ホルモンに働いてもらうためには、ストレス対策が大切です。ストレスは、女性ホルモンにとって大敵です。もしも日常生活でリラックスできないことが多いなら、ストレスをいつも受けていることになります。そのような状況では、女性ホルモンはうまく働きません。

つまり、バストに張りを持たせることや、乳腺の発育を促進させるために、女性ホルモンがうまく働けないということです。これでは、豊胸の効果が現れないでしょう。

ちなみに女性ホルモンは、生理不順・PMS・更年期障害などにも関係しています。

女性ホルモンの調整方法

治療

女性ホルモンをうまく調節してあげれば、女性らしい美しい体になるということです。
その方法としては、ホルモン治療などがあります。しかし定期的に通院する必要があり、その上、副作用もあるそうです。仕事をしていたり家事があったりで定期的に通院できない女性には、ホルモン治療は難しいかもしれません。

サプリ

豊胸サプリメントの中には、ホルモンバランス調整のために開発された物があります。興味ある方は検討してみましょう
そのようなサプリには、プエラリア、パープルヤム、ざくろエキスなどが配合されています。これらの成分は、女性ホルモンの分泌を活性化させるそうです。
さらにローヤルゼリーやビタミンなどの美肌成分も、豊富に含まれている物もあります。

豊胸して、女性らしい体になりましょう

魅力的な女性

バストサイズが気になる方や、垂れやハリなどバストの形が気になる方は、豊胸サプリメントを試してみましょう。

豊胸のサプリメントは、ハーブなどの成分を配合した物とは違って、直接、脳下垂体に働きかけることで、バストの脂肪を溜め込ませるそうです。
欧米の医師が推奨しているサプリもあります。そういう製品なら安全性が高くて、豊胸効果の持続を期待できます。ただし価格は、ちょっと高いようです。

安全性は高いですが、注意する点もあります。例えば多量に豊胸サプリメントを摂取してしまうと、女性ホルモンの分泌が異常になってしまう場合があります。
豊胸サプリメントを摂取する場合は、説明書をよく読みましょう。決められた量を正しく摂取することが大切です。

ちなみに日常生活で大きなストレスがあると、このようなサプリメントを摂取しても、豊胸の効果が出ないことがあります。なぜならストレスは、女性ホルモンにとって悪い影響を与えるからです。
女性ホルモンがうまく働かないと、バストに張りを持たせることや乳腺の発育を促進させることが、期待通りにならないようです。

日常生活のストレスを解消しつつ、豊胸サプリメントを試してください。

バストケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム