満腹感が続くので間食を防げる、ダイエットで活用できるチアシード

チアシード

チアシード最近、ダイエットのサポート食品として注目されているチアシードについて、お話したいと思います。

チアシードとは、メキシコを中心とする南米で栽培されている果実「チアの種」です(シソ科サルビア属ミントのバジルシードの一種です)。
「一粒の大きさ」は直径が約2mmで、とても小さいです。見た目は「黒ごま」に似ている種子で、水に浸すと膨張します。
南米ではポピュラーな食べ物であり、その味は無味無臭です。

チアシード(Chia Seed)の「チア(Chia)」は、メキシコで「力」を表す言葉です。「シード(Seed)」は、種を表す言葉です。
つまりチアシードは「力の種」と呼ばれているくらい、凄い食品とされています。ある伝説では、「小さじ1杯の種と瓢箪(ひょうたん)1杯の水で、24時間走り続けられる」と言われています。

水を含むと膨らむ種

種子の表面にある水溶性繊維が、水を含むと約10倍くらいに膨らみます。

胃の中で「このように膨らむ」と、満腹感の持続に役立つとされています。

実際にチアシードを摂取して1ヶ月ぐらい経った方の話によると、以前より食事の量が少なくて済むようになった、「お通じ」が良くなったなどの感想が聞かれました。

水の中にチアシードを入れると、一粒が約8倍から10倍くらいに大きく膨らみ、タピオカのような半透明の膜で覆われた感じになります。
そのため満腹中枢が刺激される、ということです。通称「膨らむ種」とも呼ばれています。

チアシードの成分としては、食物繊維や α-リノレン酸、アミノ酸などが挙げられます。
チアシードの約4割が食物繊維なので、腸が綺麗になるでしょう。なので腸デトックスとしても、有名な食材です。

チアシードは、体内では作り出せない良質の油分・α-リノレン酸が豊富です。なので脂肪の燃焼促進・高血圧予防・老化防止にも効果的です。

食べ方

食べ方としては、紅茶にチアシードを入れて飲んだり、料理の食材に混ぜて食べたりできます。無味無臭の味なので、他の食材に混ぜても特に問題ないようです。

水を吸い込み膨らんだら、タピオカやナタデココのような食感になります。この食感より、砂糖やココナッツミルクと一緒に、デザートとして利用されている事が多いです。

ただし、大量摂取は危険です。やめてください。

ダイエットを補助する食品・チアシード

  • 水分を含むと約10倍も膨張する食材。
  • 摂取後に満腹感を期待できて、間食を抑えられる。
  • 食物繊維がとても多く含まれていて、宿便にも効果を期待できそう。

以上の事よりチアシードは、食物繊維ダイエットの補助食品として注目を集めています。

なお、チアシードのカロリーは、ほとんどが食物繊維のカロリーです。ちなみに食物繊維は炭水化物として換算されるため、カロリーが高く出てしまいます。食物繊維が多い食品ほど、高カロリーの表示になりやすくなります。例えば「寒天こんにゃく」も、そのうちの一つです。

チアシードの1回当たりの摂取量は、約2gから5gです。
この場合のカロリーは、約10kcalから26kcalです(100g当たり、516kcalという分析結果をもとにして、計算した場合)。

そうすると1回当たりのカロリーは、そんなに高くありません。満腹感を与えてくれることを考えると、むしろ低カロリーと言えます

満腹感で「食べ過ぎ」を防ぎます

チアシードは食物繊維が豊富であり、水に入れると大きく膨らむ種です。よって、お腹の中で大きく膨らみます。そして満腹中枢が刺激されて、「食べ過ぎ」を防いでくれると言われています。

その食べ方は、ジュースに入れたりヨーグルトやゼリーに入れたりなどです。無味無臭で食べやすいので、どんな料理に入れても大丈夫です。
適量のチアシードを、他の料理と一緒に取りましょう。ダイエットに役立つと思います。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム