子供が犯罪に巻き込まれる「きっかけ」の一つ・有害サイトの閲覧

有害サイトを閲覧できる場所・インターネット

インターネットでは有害サイトや出会い系サイトなど、子供にとって悪影響を与える場所に簡単にアクセスできます。

このことは、親にとっては「とても心配」です。

最近では、小学生のうちからスマートフォンやパソコンに触れる機会が増えています。よってインターネットを使い始める人も、確実に低年齢化しています。
内閣府の調査によると、小学生の半数の子供が、インターネットを利用したことがあるそうです。

子供が犯罪に巻き込まれる可能性

危険子供が有害サイト(出会い系サイトなど)にアクセスするつもりはなくても、インターネット機能を使っている時に、偶然にアクセスしてしまう可能性もあります。

その他の可能性として、身近にいる「お兄さん」や「お姉さん」に教えてもらい、こっそりと見てしまうという場合も考えられます。
「自分の子供は、大丈夫」「まだ小さいから」と親が思っていても、絶対に子供が安全であるとは言えないでしょう。

お友達に誘われたり、ちょっとした油断で

犯罪に巻き込まれてしまったりする危険は、十分にあります。

親ならば「そのような危険な環境」から、子供を守ってあげたいです。

子供のスマートフォンの防犯対策

なお、2003年に施行された出会い系サイト規制法第4条には、
「児童の保護者は、児童によるインターネット異性紹介事業(出会い系サイト)の利用を防止するために、必要な措置を講ずるよう努めなければならない」
と、親の責務が記されています。

そろそろ子供にスマートフォンを持たせようかな?と考えている人は、いま一度考えてみてください。
もしも、GPS機能などの防犯機能が魅力的だからという理由で、子供にスマートフォンを持たせようと考えているなら、そのような機能がついた防犯グッズで間に合う場合もあります。

やはり通話機能もあるほうが良いという人は、予めスマートフォンにインターネットの接続機能を付けないようにしておきましょう。
「子供向け」と称してあるスマートフォンでも、事前に対策しておかないと、簡単に有害サイトにアクセスできてしまいます。契約時に忘れずにチェックしておきましょう。

有害情報を拒否する機能

スマートフォンの防犯対策として、迷惑メールの受信を防止できる機能や、悪質なウェブサイトにアクセスできないようにする機能が、あったほうが良いでしょう。

もしも子供が悪徳業者からメールを受け取った場合、予期せぬ犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるからです。不審者からのメールを受け取り拒否できる端末が良い、と思います。

近年では、インスタントメッセンジャーなどで簡単にメッセージ(チャット)をやり取りできます。メールと同様に、「犯罪者からのメッセージを拒否する仕組み」が必要でしょう。

そして近年では、有害サイトが問題となっています。ここで言っている有害サイトとは、出会い系サイトや児童ポルノサイト、自殺指南サイトなどです。
このような有害サイトに、子供がスマートフォンから簡単にアクセスできないようにする事が、強く求められています。なぜなら有害サイトが発端となった事件や犯罪が、実際に発生しているからです。

防犯対策
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム