動植物や鉱物を組み合わせた薬・漢方薬

漢方薬

漢方薬とは、

生薬(しょうやく)と呼ばれている、薬効がある動植物や鉱物を「いくつか組み合わせた薬」

のことを言います。

漢方薬

漢方薬は、体全体に作用する薬です。現代の医療で用いられる現代薬のように、病巣だけに的を絞って直接作用する物ではありません。
漢方薬は、体の全体に穏やかに作用するので、アレルギー性疾患や老人性疾患という全身的な慢性疾患に有効とされています。

一方、多くの現代薬(西洋薬や化学薬)は、有効な成分だけを分離して、精製した物です。非常に効力があり、治療の目標とする病巣部位に直接作用します。

ちなみに漢方は、日本に伝わった後では日本独自の発展を遂げているようです。
また、漢方には、漢方薬による治療だけではなくて、鍼(ハリ)や灸(きゅう)なども含まれています。

西洋医療でも使われ始めています

漢方薬と現代薬ですが、それぞれに一長一短があります。
最近では、漢方治療を取り入れている大学病院や公立病院も増えてきています。
また、西洋医療と組み合わせて、効率良く治療を進め、効果を発揮している場合もあります。
漢方薬と現代薬、それぞれの良い点を取り入れようとしている治療法と言えます。

漢方治療は、経験の医学と言われています。しかし漢方薬の作用について、科学的な研究も進められています。現代医学の面から、効果の裏づけが取れた漢方薬が増えてきています。

代表的な証の判定

漢方医学では当人の体質や体力、抵抗力、病気の進行程度を意味する「証(しょう)」に基づいて、それに適した漢方薬を用います。
よって同じ病気でも、その人それぞれに応じて違う漢方薬が使われます。漢方医学において、その人の「証」を正確に把握する事が治療の最大のポイントとなります。

「証」の代表的なものには、次のものがあります。

虚実(虚証と実証)

「虚実」とは、患者の体質と体力の質的な充実度を示すものです。

陰陽(陰証と陽証)

「陰陽」とは、病気の進行の具合と体力の消耗度を示すものです。「病気の勢い」と「その人の体力」の関係を、量的な面からとらえます。

気血水

「気・血・水」とは、漢方医学における身体の生理機構を意味する言葉です。

虚実

虚実について、虚証と判断される特徴をいくつか書きます。

  • 痩せ型。
  • 線が細い感じ。
  • 「まなざし」が細くて、疲れている。
  • 声が細くて、小さい。「声の高さ」が低い、または高い。
    口ごもり、発音が不明瞭。声の質はかすれて、にごっている。
    早口。
  • 胃腸が弱い。
  • 疲れやすく、回復が遅い。
  • 歩き方が弱々しい。
  • 静的。
  • 消極的。

陰陽

「陰陽(陰証と陽証)」とは、病気の進行具合と体力の消耗度を見るものです。「病気の勢い」と「その人の体力」の関係を、量的な面からとらえて割り出します。

病気の「かかり始め」で、体力が病邪よりも優位にある時期を、陽証期と言います。

病気が進行して、体力が病邪よりも劣った状態にある時期を、陰証期と言います。

漢方医学の重要な「証」の一つに、虚実があります。この虚実が、体力の「質的な充実さ」を示す証であるとすれば、陰陽は、体力を「量的なもの」から捉えたものと言えるでしょう。

陽証の人

陽証の人は、病気の状態が積極的・動的・開放的です。そして、熱性の傾向が見られます。
炎症や充血、発熱といった症状を示すことが特徴です。
体を冷やし、熱を取り除く作用がある漢方薬を用います。例えば「桂皮(けいひ)」や「麻黄(まおう)」などを含む物です。

陰証の人

陰証の人は、病気の状態が消極的・静的・潜伏的です。そして、寒冷の傾向があります。
このような人の場合、寒気を訴え、手足が冷えて、顔色も青白いことが特徴です。熱が出るといった症状はありません。
従って、体を温める作用がある「附子(ぶし)」や「乾姜(かんきょう)」を含む漢方薬を用いて、治療を行ないます。

気血水

「気・血・水(きけつすい)」とは、漢方医学における身体の生理機構を意味する言葉です。

漢方医学には「病邪侵攻」という言葉があります。身体が病気に犯されている状態と、病気の進行具合を意味する言葉です。
「気・血・水」では、体のどの部分が病邪侵攻を受けているか、注目します。

なお、漢方医学では、病気は「気・血・水」のどれか一つだけが原因になると考えません。複合的に関連することで症状が現れる、と考えます。

「気」とは、見えないエネルギーのことです。
漢方医学では、この「気」が体を循環することで健康な生活を送ることができる、と考えます。

この「気の流れ」が悪くなると、体に異常が生じます。神経や精神機能に障害が起きている、と考えます。
例えば、気が上に昇った状態の場合、症状としては「のぼせ感」として現れます。この場合、「流れ」を正常に戻す順気剤を用いることになります。

「血」とは、ホルモンや血液に当たるものです。
これらの循環に支障が生じて、血液が滞っている状態を「お血」と言います。この状態を改善する場合、駆お血剤を用います。

「水」とは、体液のことです。
例えば水毒というのは、体液が体の一部に偏っている状態のことを言います。漢方医学では、このような水分代謝の不調を「水の滞り」と考えます。体液が身体の一部に偏り、水分がうまく代謝できなくなった状態のことです。

水分代謝の不調に対しては、利水剤という漢方薬群が用いられます。

昔から続いている日本の漢方

漢方の歴史について、簡単にお話したいと思います。
漢方のもとは中医学です。これは約2000年以上も前になる、中国の「漢の時代」に確立されました。

漢方は日本に伝わった後、日本独自の医療である漢方薬として発展しました。平安時代の後期から、日本独自の診断や処方が加えられてきました。ですが明治以降では、西洋の文化が伝来するにつれて、漢方は衰退してゆきました。西洋医学が、漢方に代わって主流となっていきました。
しかし、漢方が衰退してゆく中でも、漢方を支持する医師は存在し続けました。よって、完全に無くなる事はありませんでした。

漢方は、東洋医学の一つです。東洋医学とは、アジアの諸地域で発祥した医学の総称です。漢方を始め、中医学、イスラム医学、チベット医学なども含まれています。
日本においては、東洋医学と言えば漢方を指すことが多いです。ちなみに東洋医学には、鍼(ハリ)、灸、按摩(あんま)、マッサージなども含まれています。

漢方薬
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム