部屋の空調を改善するサーキュレーター

寝苦しい暑い夜

毎年夏になると思うのですが、夜はとても寝苦しいです。以前に、クーラーのタイマー設定時間が短すぎたためか、夜中に「暑さ」で起きてしまい、寝不足になった日がありました。疲労感が残ったままで、その日は体調がずっと不調でした。
熱帯夜で「ぐっすり眠る」ためには、ひと工夫する必要がありそうです。クーラーや扇風機の使い方にも、ちょっとした工夫がいります。そして、眠る前の水分補給も大切でしょう。熱帯夜を健康的に過ごすには、いくつか気をつける事があります。体調を管理して、暑い夏を乗り切りたいと思います。

部屋の空調

暑い日を始め、寒い日においても、室温を快適な温度に保ちたいです。室内の空調を考える場合、空気の性質についてちょっと知っておくと役立つかもしれません。

多くの方が知っていると思いますが、部屋の中の温度は天井に近い場所ほど温度が高いです。なぜかと言うと、空気は温度が高くなると上のほうに登って行く性質があるからです。
つまり部屋の温度は、天井付近が高くて床付近は低いと言えます。暖房器具や冷房器具を用いて冷暖房している時も同様です。部屋全体の空気が同じ温度になる事はない、と言えます。

空気を「かき混ぜること」

以上のような空気の性質を知っておくと、

冷暖房時に扇風機やサーキュレーターを使って室内の空気を「かき混ぜること」に意味がある、と納得できるでしょう。

例えば、床から天井の方向に向かって送風すれば、冷たい空気と暖かい空気を「かき混ぜること」ができるからです。冷暖房の効率も良くなり、冷暖房費用の節約にも繋がるでしょう。

ところで室内の送風と言えば、エアコン本体にも送風機能が付いています。あんまり使うことがない機能かもしれません。だけど春から初夏にかけての時期なら、エアコンの送風機能で室内を心地良い状態にできるかもしれません。
何か利用できる場面があるから、エアコン本体に送風機能が搭載されていると思います。エアコンの取扱説明書を読んだら、送風機能を利用する場面が紹介されているかもしれません。
私が思うには、部屋を換気する際、役立ちそうだと思いました。部屋の窓を開けて、エアコンの送風を行なったら、部屋中の空気を入れ替えできると思いました。

サーキュレーターの購入

サーキュレーター夏の暑い日や冬の寒い日において、エアコンの冷暖房を思いっきり使えないことがありました。その理由は、電気代が心配だったからです。
だけど「エアコン無し」では快適に生活できないため、先日、静音サーキュレーターをネット通販より購入しました。室内の空気をかき混ぜて、冷暖房の効率を上げるためです。電気代を少しでも節約できたら、と思っています。

私は、その購入したサーキュレーターを、ここ数年間ずっと使っています。感覚的な話になりますが、エアコンの冷房・暖房の効き具合が「ちょっとだけ向上した」と感じています。

サーキュレーターを使ってみて、ちょっと気になった点は、モーターのブーンという音です。人によっては、耳障りな音かもしれません。
このモーター音を軽減させたい場合、サーキュレーター本体の下に防振ゴムを使ってみたり、サーキュレーター本体を自分の耳より高い位置に置いてみたりすると、モーター音が小さくなる場合があります。試してみると良いでしょう。

サーキュレーターについては、多くの人たちが関心を持っているようです。例えばネット検索において、「サーキュレーター」というキーワードを入力した際、検索候補に様々な関連キーワードが表示されました。サーキュレーターについて、多くの人たちが調べているようです。

毎年、暑い夏や寒い冬がやってきます。自宅の部屋の冷暖房の効率を上げたい方は、サーキュレーターの利用を検討してみましょう。



タイトルとURLをコピーしました