洋服を整理収納できるクローゼット

洋服を収納する場所・クローゼット

整理収納する場所と言って、最初に思いつく所は「押入れ」だと思います。「押入れ」は、整理収納するスペースとして最適な場所と言えます。

そして主に洋服などを収納したい場合は、クローゼットが最適な場所と言えます。
もしもクローゼットを作るために部屋をリフォームできるなら、「造作家具」「システム家具」「置き家具」など、いくつかの方法を選べます。使い勝手やリフォーム予算によって、どのように作るか?選ぶことになるでしょう。

2種類のクローゼット

自宅にクローゼットを用意したい場合、壁面に一列に洋服を並べる形の「壁面クローゼット」を選ぶか、収納のための専用の部屋を作る「ウォークイン・クローゼット」を選ぶか、悩む方がいるかもしれません。

「壁面クローゼット」では、扉を開けば「ひと目で洋服を選びやすい」という長所があります。
「ウォークイン・クローゼット」では、かさばる物を床置きできるため、まとめて収納できるという長所があります。

「ウォークイン・クローゼット」は「その名前の通り」、中に歩くスペースが必要になってきます。よって面積当たりの着数は、「壁面クローゼット」のほうが上回ると言えます。洋服を吊るせる着数だけを見れば、「壁面クローゼット」が便利と言えます。
ちなみに近年では、フローリングの部屋に最初から「ウォーキング・クローゼット」が作られていたりします。

洋服を見渡せる「壁面クローゼット」

「壁面クローゼット」の場合、良い点は「ひと目で洋服を見渡せること」でしょう。
全開口できる「折れ戸」なら、手持ちの洋服を一気に見渡せます。「洋服選び」に、とても便利です。
クローゼット扉の種類は様々ありますが、フルオープンできる扉、開閉がスムーズにできる扉が良いでしょう。

しかしクローゼット扉を開閉するためには、扉の前に立つことになるため、扉前の床面積に余裕がないと困ります。
例えば寝室がベッドでいっぱいという状況の場合、クローゼットの開閉がしにくくなっています。
そんな場合は、「引き戸」にするほうが良いと思います。「引き戸」は、「観音扉」や「折れ戸」よりも、扉の前が狭くても開閉しやすいからです。

色んな物を収納しましょう

クローゼットなお、クローゼットの収納で大切な事の一つは、収納力だけを考えずに、大切な衣類を守るスペースである事を意識する事です。なので、収納したい物の種類や量、面積や形状を考えて、どの種類のクローゼットが便利か?検討してください。

クローゼットの場合、最初からハンガーを掛けられるパイプが付いています。なので洋服のみ、収納する人が多いかもしれません。ですが、小物なども収納できます。洋服以外の物も置いてみましょう

そして収納する際は、しまう事だけでなくて、取り出す時の事も考えて行ないましょう。取り出しやすくする事は、うまく片づける事にも繋がります。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム