穴や傷を直せる「服の補修」

いつも着ている「お気に入りの洋服」の一部分だけが、が開いたりついたりした時、直したいと思うでしょう。そんな時は、補修リフォームを行なうと良いです。

衣類の補修

例えばパンツの裾が擦り切れてしまった時、ジャケットの袖が擦り切れてしまった時など、補修できます。
股の部分が擦り切れてしまったという時も、補修できます。なお、股の部分の補修では、「股擦れ防止加工」という股擦れに強くなる補修を行なう事も可能です。

ポケット部分も、よく擦り切れる部分と言えます。後ろポケットが破れてしまった場合では、ミシンで「破れ」を塞ぐ修理と、ポケット横にダーツを入れる事で破れた箇所を調整する修理があります。破れた傷跡が目立たないのは、ポケット横にダーツを入れる方法だと思います。

もしもミシンが上手な方なら、ある程度自分で洋服のリフォームができるでしょう。ミシンが不得意な方は、洋服リフォームの専門店に補修を依頼しましょう。

かけはぎ

「かけはぎ」という補修リフォームがあります。これは破損した部分に共布をあてて、裏側から接ぎ合わせる補修です。表から針目が見えないようにするために、緻密に裏側から接ぎ合わせます。
「かけはぎ」により、「虫食い」や「鈎裂き(かぎざき)」などによって衣類に穴が開いても補修できます。

「かけはぎ」なら、とても綺麗に仕上がります。その代り、修理代は高いようです。もう少し安価な値段で直したい場合は、「ミシン補修」という補修リフォームを選ぶと良いでしょう。

ミシン補修

「ミシンたたき」と言って、傷の部分に共布をあてて、ミシンでジグザグに縫い合わせる補修です。引っかき傷や虫食い穴などの破損部分を補修できます。
ただし、その見た目は「かけはぎ」より劣ります。ですが目立たない箇所に対しては、ミシンで修理すると良いでしょう。

普通の洋服なら、多くの場合でミシンを使って補修すれば、服を元のような状態に戻せるでしょう。

直したい「愛着のある服」

愛着のある服は、ずっと大事に着ていきたいものです。例えば、ウエディングドレスをリフォームする方も結構多い、と聞きます。
自分の母親が着ていたウエディングドレスを綺麗にリフォームして、再び結婚式で着用したい。そう思っている娘さんもいる、と聞きました。

また、ウエディングドレスだけでなくて、和服のリフォームも行なわれているそうです。和服をドレスっぽくリフォームして、花嫁の母親が「その和服」を結婚式に着ていくなんてこともあるそうです。

なお、ウエディングドレスのリフォームについては、やはり専門家でないとうまくできないでしょう。



タイトルとURLをコピーしました