ずっと使いたくなる、コーチのバッグ

人気があるコーチのバッグ

コーチとは、アメリカの人気ブランドです。1941年にアメリカのニューヨークで、誕生したブランドです。革職人のある夫婦が、コーチを起こしました。

コーチと言ったら、革で作られた鞄が有名です。見た目の可愛らしさ、そして機能面も充実した物と言えます。その使い勝手も良くて、使用者から好評を得ています。縫製がしっかりしているので、とても丈夫です。この「丈夫さ」の理由の一つは、どうやら野球グローブの縫製を参考にしているためらしいです。

コーチというブランドは、特にシグネチャーシリーズが出た後で、より多くの人たちが認める人気のブランドとなりました。
主な人気商品の一つに、シグニチャー・ラインと言われているデザインのハンドバッグがあります。
そしてトートバッグについても、多数のモデルがあります。トートバッグは、ショッピングバッグやマザーズバッグとして、色んな場面で利用されているバッグの一つです。

ちなみに過去の話になりますが、コーチの鞄は丈夫だけどちょっと重そう、持っていると肩が凝って疲れた、という意見もあったと聞きます。ですがその点は、現在では解消されたそうです。

以前の事になりますが、ふと街中を歩いていたら、すれ違う女性たちの何人かはコーチのバッグを持っていました。ブランド品にちょっと疎い私でも、

「いいかも、自分も使ってみたい」
 

と思わせるバッグでした。

人気を決めるブランド力(りょく)

バッグの人気を決める事の一つは、ブランドです。ただし、有名ブランドなら「どこでもいい」という人は、近年減ってきているようです。自分が好きなブランドにこだわり、バッグを始め、各アイテムを「そのブランドで揃える人」が増えているようです。

ちなみに、10代から20代前半に人気があるブランドは、コーチやバーバリー、クリスチャンディオールなどがあります。高級ブランドを求めることが多い20代後半から30代と比べて、デザインに幅があるブランドを好む傾向があるようです。

ところでブランド品を揃える場合、他の人から見られている事を意識して揃える場合があります。
そんな時、ブランド品のバッグと財布の「どちらか一つだけ」を購入するなら、まずはバッグを購入する人が多いでしょう。

なぜならバッグのほうが、常に他の人から見える物だからです。財布については、バッグの中に入っている物なので、通常は人に見せない物と言えます。
よく目立つアイテムのバッグからブランド品にしてゆく、この考え方はファッション的に自然だと思います。

メリットの一つ・価格の安さ

バーゲンセールコーチは定番のブランドですが、バッグでも10万円以下の物がたくさんあります。定番ブランドの中では安いというメリットがあるため、若い女性にも、とても人気があるブランドになっています。

もちろん10万円以下という金額(数万円という金額)を、安いと感じるかどうかは、個人的な金銭感覚によります。
一般的に有名ブランドのアイテムは、ほとんどが高価な物です。その価格に納得するかどうかは、個人差があります。

ずっと使いたくなる「コーチのバッグ」

コーチの魅力の一つに、使えば使うほど味が出てくる点があります。
コーチのバッグは、化学薬品を使わない天然皮革で作られています。そして、一つ一つ手作業で作られています。

「革の丈夫さ」を最大限に活かしており、耐久性や機能性において優れたバッグ

と言えます。

一般的にファッションアイテムには、個人差が表れます。ファッションアイテムは、自分との相性、周りとの相性があります。おしゃれに使いこなす事は、なかなか難しいかもしれません。
しかしコーチのバッグには、シンプルなデザインの物もあります。そのようなバッグなら、仕事着のスーツに合わせることもできます。品質が良いので、毎日使っても長持ちします。なので外勤の方にも、結構人気があります。

長持ちするバッグ

「もう10年近く、コーチのバッグを使っています」
 

こんな感想を聞いた事がありました。びっくりする方もいるかもしれません。ですが、ブランド品は品質が良いので長持ちする、と言われています。

ブランド品と聞くと「値段が高い、高額すぎる」という意見をよく聞きます。だけど長い目で見たら、お得と言えます。修理などのメンテナンスサービスも充実しているので、結構長い間、使い続ける事が可能と言えます。

改めて考えてみると、コーチのようなブランド品は、ロハスな生活に役立つ物と言えます。ブランド物とロハスな生活は、無関係な事と思われがちです。しかし、長きにわたって大切にブランド物を使い続ける事は、環境に優しいと言って良いでしょう。

ファッション
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム