おしゃれに瞳を飾る、カラーのコンタクトレンズ

美しい瞳

色つき瞳のイメージ画像

カラーコンタクトレンズとは、ソフトコンタクトレンズの虹彩の部分に、色がついているレンズです。「医療用の物」と「おしゃれ用の物」があります。

カラーには、シルバーやゴールド、ブルーなど、ちょっと「びっくりしてしまう色」もあります。
目の色を少し変えると、雰囲気もガラリと変わります。ファッションとして、魅力的と言えます。

おしゃれ用カラーコンタクトレンズ

※追記:平成21年(2009年)11月4日より、おしゃれ用カラーコンタクトレンズは、医薬品医療機器法の規制対象となりました。

視力の補正を目的としているコンタクトレンズは医療用具ですが、おしゃれを目的としたカラーコンタクトレンズは医療用具ではありません(白濁などによる医療上の理由でカラーコンタクトを装用する場合は、医療用具となります)。

ここでは「おしゃれ用のカラーコンタクト」について、お話ししたいと思います。

「瞳の大きい女子はモテる、そんな事を聞いた事はありませんか?」

 

そう言われてみれば、大きな瞳で見つめられるとドキドキしてしまいます。綺麗な女の子になるためには、瞳が魅力的である事がポイントかもしれません。

瞳を飾るファッション・アイテムとして、カラーコンタクトがあります。コンタクトと言ったら視力の矯正など、どちらかと言うと健康用品というイメージが強いでしょう。
ですがカラーコンタクトはファッション・アイテムになります。今若い女性たちを中心に、カラーコンタクトをつける方が増えていると聞きました。

人気の高まりに対応して、通販においても激安カラーコンタクトが販売されています。海外から直輸入されたカラーコンタクトを販売しているショップもあります。

ファッション・アイテムという事より、こだわりを実現するコンタクトとなっています。例えばデカ目カラーコンタクトと呼ばれている物は、大きな瞳を演出できるコンタクトだそうです。

「度なし・度あり」のどちらも取り揃えられており、「度あり」のカラコンなら、視力矯正をしつつファッションを楽しめます。瞳の綺麗な女の子になりたい方は、カラーコンタクトレンズの利用を検討してみましょう。

カラーコンタクトレンズによる目の健康被害

注意カラーコンタクトレンズについては、ネットショッピングなどで入手できます。
気軽に買える物ですが、以前にカラーコンタクトレンズに関して問題が起きたことがありました。
「レンズの手入れ」の仕方がわからない状態で装用し続けた結果、目に重篤な障害が残った事例もあります。
レンズ自体も粗悪な物があったりして、色素が流出したこともあったようです。

いい加減にカラーコンタクトを取り扱っていると、取り返しのつかない事態になってしまうことがあります。
おしゃれ用のカラーコンタクトレンズは医療用具ではないということは、「医療の責任は取れない」ということです。目の障害が起きたら、自分の責任で治療することになるでしょう。

追記:平成21年(2009年)11月4日より、おしゃれ用カラーコンタクトレンズは医薬品医療機器法の規制対象となりました。

輸入品の場合、自己責任

先日インターネットで輸入品の事を調べていたら、カラーコンタクトレンズの輸入品を見つけました。今ではこのような物まで輸入されていると知って、少し驚きました。

目は、とても大切な器官です。なので万が一、健康被害が起きたらどうなるのだろうと思いました。輸入品の場合は、やはり自己責任となるようです。特に個人輸入の場合は、自己責任と明記されているみたいです。インターネットで販売しているように見えても、実際には個人輸入という事例も多いそうです。

輸入品のカラーコンタクトレンズだからといって、すぐに目に障害が出てくる訳ではありません。装着期間を守り、定期的に交換すれば問題ないと言えるでしょう。もしも使用する場合は、瞳の健康を維持しつつ使用しましょう。

安全に使うなら短時間にしましょう

どうしてもカラーコンタクトレンズを着けたいなら、短時間にしましょう。そして決められた手入れ方法を、しっかりと守りましょう。
眼科医にレンズの状態を見てもらうことも良いことです。その際は、処方された箱や説明書などを持参すると、わかりやすいでしょう。眼科では、「手入れ」の方法などをきちんと指導くれます。

安全に、おしゃれを楽しんでください。

ファッション
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム