合併症が起こる可能性がある豊胸手術

豊胸手術の合併症

注意これまでの豊胸手術の歴史を振り返ると、副作用や合併症が多数起こっていたようです。

女性の乳房は、体の中でも特殊と言えます。手術によって理想のバストを再現する事は、やはり難しかったのでしょう。

現在では、昔よりも積極的に豊胸手術が行なわれるようになっています。それは過去から現在までの長年にわたる試行錯誤の結果によるところが大きいです。ですが現在の豊胸手術でも、まだまだ100%完璧な手術とは言えないようです。実際には、合併症が起こる可能性があると言えます。

よく言われている豊胸手術の問題点・注意点ですが、

切開した部分に傷跡が残ってしまうこと、
授乳する際に障害が起きる可能性が(わずかながら)あること

などがあります。

また、人工乳腺法による豊胸手術の場合、体の中に豊胸バッグを入れますが、それが硬直する可能性があります。ただし、きちんとしたアフターケアを行なう事で、その問題をほとんど解決できるそうです。

合併症を防ぐアフターケア

手術を行なう医師たちは、現在でも引き続き感染症や合併症などの発症を防ぐよう努力しています。豊胸手術を成功させるためには(術後も成功した状態を保つためには)、医師と患者が共に努力し続ける事が(アフターケアをする事が)求められています。

合併症が起きる場合、そのほとんどが指示された通りのアフターケアやマッサージを出来ていなかったことが原因だそうです。
合併症を防ぐには、アフターケアをしっかり行なう事がポイントになります。クリニックを選ぶ基準として、アフターケアの充実を基準にして選ぶと良いでしょう。

手術のリスクを理解しましょう

豊胸手術は、その名の通り「手術」となります。時には、体にとって悪い結果を残してしまう可能性もあります。
手術前に医師と充分に相談してください。少しでも不安に思うなら、やめたほうが良いです。