頭皮環境の改善を期待できる「育毛剤の成分」

育毛剤の成分

育毛剤の代表的な成分として、以下の物があります。

ミノキシジル

効能は血行の促進です。ミノキシジルは、頭皮全体の血行を良くする効果を期待できます。

ビタミンH

効能は、毛母細胞の活性化です。ビタミンHは、ビタミンB群の一つです。脱毛や白髪対策に有効です。

イソプロピルフェノール

効能は、頭皮の殺菌です。殺菌や消毒の効果を期待できます。

医学的な検証の有無

育毛剤の成分については、その効果の有無に関わらず、医学的な検証を経ていない物は「化粧品や医薬部外品」として取り扱われることになります。

医薬部外品の物は、一般的に医薬品よりも効き目は穏やかです。副作用については、ほとんどないと言って良いでしょう。

医薬品の育毛剤は、その名が示す通り治療するために使う薬です。なので、副作用が起こる可能性もあります。
医薬品に含まれている成分には、ミノキシジル・フィナステリド・セファランチンなどがあります。

「かゆみ」の副作用

育毛剤に含まれている成分として、代表的な物にミノキシジルがあります。そして、育毛剤の中にミノキシジルを溶かし込むために、プロピレングリコールという成分が使用されます。

このプロピレングリコールには、頭皮に「かゆみ」を生じさせる副作用があるとされています。ほとんどの方に対しては、この副作用は認められないようです。ですがもしも「かゆみ」を感じたら、すぐに使用を中止してください。そして医師の診断を受けてください。
「かゆみ」があるのに使い続けると、トラブルが起きる可能性があります。

頭皮の環境を整える育毛剤

育毛している男性

育毛剤を使って頭皮の環境を整えることは、脱毛症の進行を遅らせることには有効だと思います。
しかし育毛剤は、毛包が毛を作ることを応援しているだけ、とも言えます。物凄い効果や変化を、すぐに期待しないほうが良いでしょう。

育毛剤の効果を上げるには、「使用する量と回数」がポイントとなります。もしも育毛剤が自分の頭皮に合っている物ならば、続けて使用することを「おすすめ」します。

なぜなら

育毛剤の効果は、「使用する量と回数」に比例して現れるからです。

育毛剤を続けて使うことは、お金が掛かります。ですが、本当に効いていると実感できた場合は、ずっと使い続けてください。