スキルアップに役立つ、パソコンの資格

社会人の習い事と言えるパソコン

大人のための習い事と言えば、数多くあります。その中で仕事に直結して、社会人が始めやすい習い事として、パソコンがあります。
多くの社会人はパソコンを使える、と思います。ですが、もっと効率良くデータを処理したい、ビジネスソフトを使いこなしたいなど、さらに高いレベルを求めてパソコンを習う人も多いと聞きます。

学生の人の中にも、パソコンを習っている人がいるそうです。就職する前にパソコンぐらいできないといけない、そう思って習い始めると聞きます。
最終的に、パソコン関係の資格を取る学生もいます。その資格が100%就職に役立つかどうか、わかりません。しかし資格の取得は、履歴書に書ける実績と言えるでしょう。あと、資格を取得することが本人の自信に繋がるそうです。

パソコンの資格を取りましょう

パソコンの資格には、以下のようなものがあります。

国家試験では、ITパスポート試験や基本情報処理技術者試験などがあります。

その他では、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)、MOT(マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー)、ワードやエクセルの試験、パソコン全般に関する試験、P検(パソコン検定試験)、パソコン利用技術検定などがあります。
※資格に関する最新情報については、その都度ご確認ください。

パソコン勉強中

資格の試験では、実際にパソコンを使って試験をするものがあったりします。例えば、メーカー独自のソフトを使って試験をして、認定するというものです。
この場合一つ一つ解答しながら進めていくようです。そして、試験終了後、すぐに試験の合否結果がわかるということです。

仕事のスキルアップのため

もしも職場でパソコンを使っている場合、自分のスキルアップのために

パソコン関連の資格を取得したり、検定試験を受けたりというのも良いと思います。

なお、資格を持っていないからといって、仕事上に影響が出る訳ではありません。よって絶対に資格を取らなければならない、という訳ではありません。
自分のスキルアップを示すものだと思えるなら、ぜひ資格を取りましょう。

ある社会人の「スキルアップしたい」という思い

社会人になって痛感したことは、仕事の内容を覚えるのはもちろんですが、資料を作るのに何でもかんでも「エクセルやワードを使って作っているんだなって思いました」。
そんな状況の中で簡単な資料作るのに、物凄く悪戦苦闘して作っているような状況です……。

何事も「習うより慣れろ」という感じで、現場で悪戦苦闘しながら、上司や同僚に聞きながら教えてもらいながらレベルアップしていくのも良いと思います。しかし、それだと他の方の迷惑になるかも?と心配しています。
それよりも自分で何とかしようと思い、レベルアップを図るためにパソコンスクールなどに通って、エクセルやワードの基礎的な使い方などを覚えてみようと、思いました。

ただしパソコンスクールを選ぶ時は、慎重に選びたいと思います。
「通いやすさ」とか「料金」だけで判断して決めてしまうと、授業内容がいい加減だったりして、結局お金の無駄遣いという感じになってしまうからです。
パソコンの事をよく知っている人にも相談して、パソコンスクールを選ぼうと思います。

2種類のパソコン資格

パソコンに関する資格は、大きく分けて2つの種類があります。
ベンダ資格と国家資格です。

ベンダ資格とは、民間の企業が自社の製品に関する知識や技術を持つ人に対して、その能力を認定するものです。
マイクロソフト社が認定するパソコン資格やオートデスク社が認定するCAD資格が、有名です。

国家資格は名前の通り、国家による資格試験をクリアした人に対して、与えられるものです。
経済産業省が実施する試験に、例えばITパスポート試験(旧:初級シスアド試験)があります。この資格が一番有名でしょう。

※資格の名称は、変更されたりします。最新情報を、ご確認ください。

それではベンダ資格と国家資格、「両者の違い」はどこにあるのでしょうか?
受験者の立場から考えると、基本となる考え方を身に付けたい場合は、国家資格を取得したほうが良さそうです。
国家資格試験は、基本的な考え方を問うものです。つまりパソコンの技術が進歩しても、変化しない普遍的な考え方が問われている資格と言えます。

それに対してベンダ資格は、ある製品に対してのスキルを問うものとなっています。
転職や異動などにより、使用するソフトが変わってしまうと、その知識や技術は使われないものとなってしまいます。

長期間にわたって通用する資格となると、やはり国家資格ということになるでしょう。そういうことで、国家資格の勉強でパソコンに関する基本的な知識や技術を修得した後に、ベンダ資格を目指すのが良いかもしれません。
基礎となる土台部分(基本的な知識)を固めてから、様々な資格に挑戦するほうが効率的であると思います。

主なパソコン資格

パソコン関連の資格には、どういったものがあるのでしょうか?
以下に少しご紹介します。参考にしてください。

日商PC検定

ワード、エクセルなどを「仕事上に支障がない程度まで使える」ということを証明する資格です。
この検定では「日商PC検定試験(文書作成)」と「日商PC検定試験(データ活用)」に分かれています。
前者は、ビジネス文書を作成したり、取り扱う力が「どれだけあるか」を試します。後者は、業務データを活用したり取り扱う力が「どれだけあるか」を試します。

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト

マイクロソフトオフィスの主要なアプリケーション(エクセル・ワードなど)を「どれだけ使いこなせるか」について、力を評価する検定資格です。
この資格を取得すると、世界共通で使用できる合格認定証が送られてきます。

マイクロソフト・オフィシャルトレーナー

マイクロソフト社のアプリケーションソフトのインストラクターを目指す人用の検定資格です。
パソコンスクール内におけるインストラクターになるだけではなく、通常の企業からも注目されている資格の一つと言えます。

その人の能力を証明する、パソコンの資格

パソコン使える女性

パソコン資格を取得する人の目的や動機は、様々だと思います。

アプリケーションソフトの利用方法について理解を深めたいから、パソコンやネットワークに関する知識や技術を修得したいからなど、理由は色々あると思います。
現在の業務に活かしたい人もいれば、転職や就職を目的として、パソコンの資格取得に挑戦する人もいるでしょう。

現在では、多くの人たちがパソコンを使用しています。
しかし各個人が、どこまでパソコンを使用できるのか、またはアプリケーションソフトをどの程度使えるのか、ということを、証明するのは難しいです。そんな時

パソコン資格は、その人の能力を証明する一つの手段になると思います。

資格を取得していれば、その資格の範囲内であれば、ある程度の対処は可能と思えるからです。

もしも社会人の方がパソコン資格を取得したら、業務の幅が広がっていく可能性があります。そして資格を取得することで自信がついて、「前向き」に仕事に取り組めるかもしれません。

なおパソコン資格は、資格の取得が最終目的ではなくて、資格を利用することが目標であるということを、忘れないようにしましょう。
どのような資格でも、資格を取得すれば全く別の道に進める、ということではありません。資格を利用しながら、道を切り開いていく事になります。

パソコンに関する知識や技術は、今後もますます必要となってくるはずです。企業に勤めている人であれば、そのことを痛感しているでしょう。
パソコンの資格取得を通して、自分自身の能力を高めて、より良い仕事の結果を出しましょう



タイトルとURLをコピーしました