パソコン資格の「教材選び」で、気をつける事

今の自分に合っている教材を選ぶ事

パソコンの資格を取得しようとした時、書店で教材を選ぶ人がいると思います。
パソコンの用語辞典や、過去の出題問題を掲載した問題集、参考書やテキストなどを選ぶと思います。その際は、じっくりとよく考えて自分に見合った物を選びましょう
安易に選択すると、後で「がっかりする」ことになってしまいます。

しかし書店に行って選ぶ段階になると、その「種類の多さ」に迷うかもしれません。いったい、どの参考書やテキスト・問題集が自分に合っているのか?判断に困ってしまいます。

ここで、資格試験に対する教材選びのコツを、一つご紹介します。
それはページ数の多い教材、「分厚い物を避ける」ということです。

あまりにページ数が多い、分厚い参考書や問題集を選択してしまうと、途中で学習に飽きてしまい、挫折することが多いからです。
挫折を防ぐために、あまりページ数のない参考書や問題集を購入して、最後まで「やり遂げる」ことを目標にすると良いでしょう。
もしも物足りなく思えば、テキストや参考書を買い足していけば良いです。

わかりやすい教材を選ぶ事

参考書の中には、イラストや図などを多用して基礎からやさしく学習できるタイプもあります。
また、出題内容だけに絞って、まとめられた物もあります。

参考書は、2種類を持っていると良いでしょう。一つの種類では理解できなくても、もう一つの参考書で理解できるケースがあるからです。

いずれにしても、自分自身の知識の量や学習経験などに左右されます。
テキストを数ページ開き、自分自身にとって「わかりやすい」言葉で記述されているか、ということを基準に選んでみるのも良いでしょう。

最初に用語辞典を使う事

辞典

辞典・イメージ画像

パソコンの資格試験に対する勉強方法には、色々な方法があります。
そのうちの一つに、パソコン用語辞典から学び始めるという方法があります。

パソコン資格試験のための本格的な学習に入る前に、パソコン用語辞典を通して、パソコン関連の言葉を理解しておきます。

パソコン関連の言葉には、様々な専門用語があります。
パソコンの資格によっては、試験で用語の説明を求められることもあります。
パソコン用語辞典の内容を理解しておくことにより、点数のアップに繋がることもあります。

また、予め専門用語を理解しておくことが、その後の学習スピードに大きく影響してきます。
専門用語を「ある程度」理解しておけば、参考書を読んだ時の「理解のしやすさ」にも役立つはずです。

暗記が必要です

用語を理解するためには、まず暗記が必要となります。
効率的に暗記するためには、関連する言葉を繋げながら図解したり、単語帳を利用したりすれば良いでしょう。
この時に大切なことは、意味を理解しながら暗記するということです。意味を理解せずに、単に丸暗記しただけなら、それほど役に立たないでしょう。

用語の暗記では、初めの段階では、わからない言葉だらけで苦痛を感じると思います。でも、知識が増えていくのに合わせて、学習スピードが上がっていくと思います。

一日一語覚えるという学習方法ではなくて、一週間で数十語覚えるという学習方法を試してみてください。このような学習法を行なえば、一つの言葉を「繰り返して学習できる」はずです。繰り返し覚えることは、用語の暗記を助けてくれます。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム