広告を切り替えて配信、デジタルサイネージ

有益な「適材適所の広告」

コマーシャルや広告については、邪魔な物・目障りな物と思われがちです。しかし

広告は「それが掲載される場所」によっては、有益な情報となります。

例えばグルメ雑誌の飲食店の広告は、その雑誌を見ている人にとって「かなり役立つ情報」になっています。美味しい料理を食べられる「お店」が、見つかる可能性があるからです。

ただし有益な情報を掲載している広告といっても、あまりにも広告だらけだと、ごちゃごちゃしていて何がなんだかわからなくなるかもしれません。広告の数を絞って掲載するほうが、広告を見た人に告知内容が伝わると思います。

有害な誇大広告

なお、金儲け優先のために、誇大広告を掲載することは厳禁です。広告表示に関する景品表示法上で問題である、と指摘されるからです。法律に関して私は詳しくありませんが、場合によっては行政指導とか逮捕とか、されてしまうのだろうと思います。

誇大広告に関する問題点として、ネット上においては無料ゲームや口コミサイト、アフィリエイトなどにおいて問題視されていると聞きました。

注目の広告媒体・デジタルサイネージ

近年、デジタルサイネージ(Digital Signage)を見かける事が多くなりました。これは、テレビ画面のような物に広告を表示している「電子ディスプレイのような機器」です。他の言葉で言えば、電子広告板、電子看板システム、インタラクティブサイネージ、デジタルサインなどと言われている機器です。

このデジタルサイネージは、広告媒体として注目されています。なぜかと言うと、

広告の表示内容を「容易に切り替えられる」からです。
デジタルな広告
デジタル広告・イメージ画像

デジタル通信なので、簡単に広告内容を受信できます。また、内蔵の記憶装置に多数の表示情報を保存しておけます。

それらの広告情報を、次々と切り替えてディスプレイに表示できます。さらに動画も表示できます。映像を使って、広告内容をアピールできます。

以上の事より、デジタルサイネージは広告媒体としてますます人気が高まっています

使用するメリット

よく言われているメリットとして、最新情報を提供しやすいという点があります。
デジタルサイネージでは通信のネットワークを使用することによって、画面に表示される広告の内容をリアルタイムに配信できたりします。よって例えば「朝・昼・夜という時間」に合わせて、広告内容を変更できます。
「情報の新鮮さ」が優先される場合、デジタルサイネージは有用な広告媒体と言えます。

従来のポスターやスクリーン看板という印刷物の場合、広告内容を変更したい時、印刷物そのものを取り替えることになります。実際のところ、印刷物の交換作業は手間がかかります。
頻繁に広告情報を更新したい場合は、やはりデジタルサイネージのほうが便利でしょう。

「店そのもの」と言える看板

たまに地元の繁華街をふらりと散策すると、お店の看板で目を引く物を見かけます。スタイリッシュな物やキュートな物など、その「お店」の個性をしっかりと表現している看板です。
看板のデザインが良いと、その「お店」に入ってみようという気持ちになったりします。看板は、「店そのものを表現する物」だと思いました。