「let」は小さいを意味するから、小さなアプリケーションと言えるApplet

JavaのAppletは、単機能なアプリケーションにしたほうが良いですか?

JavaのAppletの「let」は、小さいを意味します。
なのでAppletは、単機能なアプリケーションとして作成したほうが良いです。

Appletという名前が示す通りに、小さなAppletを作成してください。
そうするほうが、使い勝手が良いAppletを作成できます。

「let」は小さいを意味するから、小さなアプリケーションと言えるApplet

アプリケーション
アプリケーション・イメージ画像

近年では、JavaプログラミングでApplet(アプレット)を作成することはなくなったと思います。
ですがここでは、Appletについて感想を書きたいと思います。

Appletのletは、接尾語で「小…」の意味だと思います。
例えば、小京都の「小」みたいな意味だと思います。

-let 【接尾】 「小…」の意の名詞語尾。
研究社新英和中辞典(書籍)より引用。

よってAppletは、「小さなアプリケーション」という意味だと思います。

なので、もしもAppletを作る場合は、必要な機能だけを持つ「小さなアプリケーション」として、作成すると良いです。

「let」が示すように、「単機能なアプリケーション」を作ること

Appletを作る際、色んな事ができる「多機能なアプリケーション」みたいなAppletを作りたい、と思うかもしれません。
または他の人から、色んな事ができるAppletを作ってください、と言われるかもしれません。

しかし接尾語letが示すように、Appletは「小さなアプリケーション」くらいの機能しか、持つことができません。

持つことができないというより、Appletはわざと、ちょっとの機能だけを持てるように設計されたアプリケーションだと思います。

Appletを作る場合は、その名前が示すように「単機能なアプリケーション」を作ると良い、と思います。

プログラミングの用語は、何らかの意図を含んでいます。

Javaプログラミングの用語であるAppletは、「let」を含んでいます。
なのでプログラマーは、Appletは「小さな」アプリケーションであるべき、と気づきましょう。

参考:「let」は小さいを意味するから、小さなサーバ用アプリケーションと言えるServlet

「let」の意味については、Servletも同様だと思います。

Servletは、小さなサーバ用アプリケーションという意味だと思います。

※この記事は、2003年7月当時の記事になります。