物理的に別の場所、バックアップの保存先

とても困る、データの消失

「しまった、大切なデータが消えてしまった……」。
そんな時、データを復旧させたくても、それをする知識がない人のほうが多いと思います。

ダメ元で家電量販店に聞いてみても、「ハードディスクを交換するか、初期化するしかないので、データの復元を諦めてください」、などと言われることが多いそうです。
あと、データを復旧してくれる専門業者がいますが、費用は高額と聞きます。

データ復旧の業者に依頼せずに、自分で修復してみる、という方法もあるでしょう。
例えば、壊れたハードディスクを別のパソコンに繋いで、中に入っているデータをコピーするという方法です。でも、全てのデータをコピーできる保証はありません。ちょっと不安です……。

大切な事・データのバックアップ

パソコンのプログラムやデータは、ハードディスクと呼ばれている部分に保存されています(ハードディスクについては、略語でHDDと書かれていることが多いです)。

このハードディスクの中には、CDやDVDのような円盤が何枚も入っています。それらが高速に回転しています。形状は、CDなどよりも小さい物です。パソコンを起動している間、ずっと「動きっぱなし」の機器と言えます。

ハードディスクは家電製品と同じような機械であり、消耗品と言えます。よって、いつかは壊れてしまう物と思っておく必要があります。

ハードディスクが壊れると、その中に保存しているデータを読み出せなくなります。大切な文書や写真のデータなどが、消えてしまうとことになります。よってハードディスク内のデータを、別の記憶装置や記憶メディアにバックアップしておく事が大切です。
バックアップ先としては、外付けのハードディスクやUSBメモリ、DVD-Rなどがあります。近年では、複数のハードディスクにデータを分散させて保存しておく事が多いそうです。

バックアップの保存先

データをバックアップする段階で決めるべきことは、

「どこにデータをバックアップするのか」、つまり「データの保存先はどこか」

ということです。

ハードディスク

現在のハードディスクは大容量が当たり前になっており、そこに保存されているデータの量は膨大になります。特に動画データや音楽データが多数ある場合は、データの容量が大きくなりがちです。

作業の手間と時間を考えると、データをバックアップする際の保存先は、大容量のハードディスクにするのが現実的です。
例えば外付けハードディスクや、(デスクトップ・パソコンなら)内蔵型ハードディスクを使用できます。※現在では、大容量SSDもバックアップ先として選べます。

物理的に別の場所

外付けハードディスク

データのバックアップ先は、物理的(機械的)に別の場所にすることをおすすめします。
バックアップ元のハードディスク装置に何らかのトラブルがあった場合でも、バックアップ先のデータを保護できるからです。

もしもバックアップ元と同じハードディスク内にデータをバックアップした場合、そのハードディスク装置が故障したら、元データとバックアップ用データが同時に消えてしまいます。
装置の故障を考慮した場合、バックアップ専用の「別のハードディスク装置」を用意するほうがデータを保護できる、と言えます。

USBメモリ

データの保存先として外付けハードディスク以外の場合を考えると、個人的には大容量USBメモリが便利だと思っています。
USBメモリのデータは自然蒸発してしまうと言われていますが、USBメモリでも良いだろうと思っています。データの消失が心配なら、長期間放置しないように気をつけましょう。
一昔前では小容量のデータくらいしか、USBメモリに保存できませんでした。しかし今では、 Windows OSのバックアップ先として8GB以上のUSBメモリが選択されていたりします。

ただし、データの保存先としてUSBメモリを使うのはやはり不安だと思う方は、USBメモリを使わないほうが良いです。

オンラインストレージ

その他バックアップ先として、オンラインストレージがあります。これはインターネットに接続されているハードディスクなどの装置となります。データの保存先として、オンラインストレージは有効な選択肢の一つと言えます。