修理業者

一般的にハードディスクが故障した場合、業者にデータを復元してもらうことになります。データ復旧業者に関しては、インターネットで調べると多数の業者が見つかります。

ハードディスク装置のデータ復旧では、出来るだけ費用を安く抑えたいです。そこで、どのような業者を選ぶと良いか?しっかりと検討しましょう。例えば、以下のような点で選んでみましょう。

成功報酬

業者を選ぶ際に重要なことの一つに、その業者が請求してくる費用が「成功報酬」かどうか、という点があります。
当然のことですが、費用が掛かったのにデータを復元できないでは、どうしようもありません。がっかりしないために、成功報酬型の業者を選ぶと良いです。

データ復旧に関しては、「見積もり」を取ることがあります。この「見積もり」が「有料」か「無料」かについても、確認したほうが良いです。
ちなみに成功報酬型の業者は、「見積もり」も無料で行なってくれるところが多いようです。

セキュリティ

そして「情報漏えい」に関しても、業者を選ぶ際に重要なポイントとなります。
データを復元したいと考える場合、そのデータの多くはユーザーにとって重要であり、機密であることが多いと思います。そしてデータが個人情報に関わることも多い、と思います。個人のメール文やネットショップの会員情報(IDとパスワード)などは、とても重要です。

なので復元されたデータが、修理業者内で「どのように取り扱われているか」というセキュリティ対策について、確認しておくほうが良いです。例えばデータ復元の作業が終了した後、業者に預けたデータを消去しているか?という点も確認しておきましょう。

修理期間

修理期間も、確認しておいたほうが良いです。
例えばハードディスク内に入っているデータを、期日や納期が迫った仕事で使用する場合、時間がありません。
どのくらいの期間で修理が可能か、確認しておきましょう。

データ復旧業者を選ぶポイント

上記の他にも選ぶポイントとして、以下のような事項があります。参考にしてみてください。

  • データ復旧に関して、最新の技術を持っているかどうか。

データ復旧する施設や設備は、どうなっているのか。これは、大切な判断基準となります。なぜなら、パソコンを始めとするコンピューター機器は常に進歩しているからです。
最新の機器に対応できる技術があるかどうか、確認しましょう。

  • クリーンルームを備えているか。

専門業者の中には、クリーンルームを備えているところもあるようです。
クリーンルームがあると、より安全でクリーンな状態の中で、緻密なハードディスクの分解および復旧作業を行なえます。よってクリーンルールを持たない、普通の空間で作業をしている業者より、より高い確率でデータを復旧できるようです。

  • 過去にどのくらいの復旧作業を行なってきたか、実績があるか。

年間何件ぐらいの作業を実施しているのか、同業者が多数いる中で、どういった実績を挙げているのか、ポイントになると思います。

  • 優秀な技術者がいるのか。

設備機械の条件以外でも、それなりの技術を持った優秀な技術者がいるか、いないかによっても、データ復旧の結果が変わってくると言えます。

  • 壊れたハードディスクの中身をバックアップしてから、処理してくれるか。

壊れたハードディスクを、直接、復旧処理してしまうのは、やはり危険な事だと思います。
通常はハードディスクの中身を、一旦、別のシステムにバックアップしてから処理します。これをしない場合、処理中に何か問題が起きると、「オリジナルそのもの」を壊してしまう事になり、中にあるデータの復旧が不可能ということになります。

  • 自社内でデータ復旧作業を行なうのか、他社に委託して作業させるのか。

もしも他社に委託する場合、その他社も信頼できる業者か?確認する必要があるでしょう。

以上、選ぶポイントでした。
このような事をしっかりと実施してくれるデータ復旧業者を、選ぶと良いです。お金を掛けてデータの復旧を依頼するので、信頼できる業者を選定する事が大切だと思います。