繰り返し同じ作業を行なえる、エクセルのマクロ

エクセルで同じ作業を何回もやるのは、面倒だし効率が悪い。
こんな時、どうしたらいいですか?

エクセルのマクロを利用すると良いです。
エクセルのマクロとは、同じ作業を自動的に処理するプログラムです。

エクセルのマクロを作成したら、繰り返し行なう作業を効率的に処理できます。

同じ作業を実行できる、エクセルのマクロ

マイクロソフト・エクセルのマクロを使ったほうが、効率的に処理できる場面があります。

それは、連続した作業の中に「繰り返しの作業」が多くある場合です。

そして一回だけ作業するのではなくて、定期的に「その作業」を行なう場合です。

マクロを用意しておけば、マクロを実行するだけで簡単に同じ作業を行なえます

例えば、会社の「営業成績一覧表」から毎月「優秀な営業マンの成績表」を作成する際、この処理をマクロに組んで作っておくと良いです。

毎月繰り返して「そのような成績表」を作成する場合、積極的にマクロ機能を活用できると言えます。

エクセル

プログラムと言えるマクロ

マクロとは、エクセルなどで作業する際、効率良く作業できるようにサポートするプログラムのことです。

エクセルのマクロを使うと、面倒な計算や同じような処理を自動化して処理できることになります。

マクロからデータ処理できる、というメリット

エクセル・マクロのメリットの一つは、

エクセルのデータを、データベースにあるデータのように取り扱える点です。

マクロ機能によってデータ処理が簡単になったり、複数の処理をボタン一つのクリックで行なえたりします。

エクセル関数を組み合わせて使うと、データベースっぽい機能を実現できるでしょう。

マクロ作成に技術や時間が必要、というデメリット

ただし、デメリットもあります。

マクロの機能や文法を覚える必要があります。

そして、マクロというプログラムを作成することに、時間を使うことになります。

例えば一般事務や経理が本業の人は、プログラミング作業にあまり時間を掛けられないかもしれません。

なお、事務職の求人情報では、「エクセルのマクロを使える方、歓迎」と書いてある求人もあります。

理解が難しいマクロ

以前ネット上で、他の人が作ったエクセルのマクロを見たことがありました。
そのマクロは、カッコ「()」が何個も入れ子になっていて、ややこしくて理解しづらかったです。

たまたま難しいマクロを見てしまったのかもしれませんが、プログラミング経験がないと理解しにくい場合もありそうです。

専門的なデータ処理の場合

なお、専門性の高いデータ処理では、エクセルを使わないほうが良いです。

システムの専門家がデータベース上でデータ処理を行なうほうが、短時間で確実にデータ処理を行なえます。