メモリーカードの一つ・SDカード

SDカード

SDカードは、SDメモリーカードとも言います。
メモリーカードとは、記憶媒体として書き換え可能な磁性体(フラッシュメモリ)を採用した小型の記憶装置です。
持ち運びやすいよう小型化されて、消費電力も抑えられています(あと、読み書きする際、駆動装置は不要です)。
よって、デジタルカメラやオーディオ再生端末、携帯端末にも利用されています。

SDカードを含むメモリーカードには、様々な種類があります。
「大きさ」や「重さ」という形状の違い、データを読み書きする速度や著作権保護機能の有無という機能の違いがあります。

メモリーカードに属する装置の名称では、SDカードの他に、スマートメディア、コンパクトフラッシュ、マルチメディアカード、メモリースティックなどがあります。
利用目的や利用機器に応じて、使い分けることになります。

フラッシュメモリに属する記憶装置

SDカード(そしてフラッシュメモリ)は、日常生活の様々な場所や場面で利用されています。
例えばデジタルカメラやテレビ、パソコンや携帯端末、その他の家電機器などで利用されています。

SDカードは、フラッシュメモリに属する記憶装置です。

フラッシュメモリにはSDカードを始め、メモリーカードやUSBメモリなどがあります。

ところでフラッシュメモリとは、半導体メモリの一種です。半導体メモリとは、自由にデータを書き込んだり消去したりできるメモリのことです。

この半導体メモリには、「RAM」と呼ばれる物と「ROM」と呼ばれる物があります。
※RAMとは「Random Access Memory」の略です。
※ROMとは「Read Only Memory」の略です。

RAMでは電源が入っている時だけ、自由にデータを読み書きできます。電源を切ったら、データは消えてなくなります。
ROMではデータを書き込むことができて、いったん書き込んだデータは残っています。よって電源を切った後でも、データは保存され続けます。

フラッシュメモリは、RAMとROMの両方の特徴を併せ持っているような物と言えます。

SDカードとUSBメモリの使い分け

SDカードとUSBメモリという周辺機器があります。どちらもデータを記録しておく物です。使用目的や用途によって、使い分けられています。

パソコンからデータを取り出す際は、USBメモリを使用することが多いと思います。例えばパソコンの中のデータを他の人に渡す時や、パソコンからパソコンへデータ移動する時などに、USBメモリを使うことが多いようです。

SDカードについては、デジタルカメラのような持ち運びできる機器で使用することが多いようです。

ところでSDカードは、USBメモリの代わりとして使えるでしょうか。
条件によっては、できるようです。パソコンにSDカードスロットがあるような場合です。
この場合、デジタルカメラで使用しているSDカードを、そのままパソコンに接続できます。そしてSDカードに、データを記録させる事も可能です。なので、USBメモリと同じ役割を果たせます。

それに対してUSBメモリは、SDカードの代わりとして使えるでしょうか。
デジタルカメラに、USBメモリを「そのまま差し込むこと」はできないようです。よって代わりとして使えない、と言って良いでしょう。

SDカードやUSBメモリを購入する際は、このような「使い分け」も考えて選びましょう。