家族みんなが使う場所、洗面所リフォームの確認点

洗面所リフォームの確認点

洗面所洗面所をリフォームする際、どんな事に気をつけたら良いでしょうか。
洗面所はトイレと同様に、家族みんなが毎日使う場所です。歯を磨いたり顔を洗ったり、男性なら髭を剃ったり、女性なら化粧をしたりする場所です。なのでしっかりと、リフォームしたいです。

洗面台の高さ

洗面所のリフォームでは、「洗面台の高さ」に気を配りましょう
洗面台が高すぎる場合、顔を洗う時に楽だと思いますが、水が手から肘へと流れてしまいます。そうなると床の上が水浸しになってしまうので、気をつけてください。

洗面所の床

洗面所の床下にある木材ですが、内装材については腐食しないように、湿気や水に強い建材を選ぶと良いでしょう。

電気コンセント

洗面所では、充電用のコンセントが足りない、というケースがよく見られます。必要なコンセントの数を事前に確認しておき、少し多めに設置しておきましょう。
その際には、それらのコンセントからのコードが邪魔にならないように、コンセントの位置を工夫すると良いでしょう。

ところで洗面所は浴室の隣にある場合が多く、そのために脱衣所として使われることが多いと思います。脱衣する場所は、濡れた体で裸になる場所です。なので、冬でも寒すぎない室温である事や湿気に強い内装である事、外からの視線を防げる事などに、気を配る必要があります。

冬の季節では、寒い洗面所から暖かい「お風呂場」へ移動して、再び寒い洗面所へ戻って来たりします。体が急激な温度変化に、さらされてしまいます。
そんな時に、血圧や脈拍の大きな変化から「ヒートショック」を起こす可能性があります。「重大な事故が起きてしまう恐れ」があります。
そのような事故を防ぐために、ヒーターなどを付けられるコンセントが洗面所にあると良いです。

小物を収納できる棚

様々な用途で使用する洗面所では、たくさんの小物を収納できる棚があると快適です。
なお、小物を収納する棚は、「10cm程度の奥行き」にすると使い勝手が良いようです。
奥行きが深い棚や頭上の吊り戸棚は、確かに小物を収納できます。ですが、取り出しにくいと言えます。

バスタオルについては、容量があるので収納場所を取ると思います。
収納方法としては、例えば頭上に「タオル用の棚」を作っておくと良いです。そしてバスタオル用に、「大きなタオル掛け」を設置しておくと便利です。

さらに、下着を入れる収納場所(タンスを置ける場所)も、リフォームの際に作っておくと良いでしょう。

リフォームすることによって、家族みんなが使いやすい洗面所になるようにしましょう。

洗面台の確認点

洗面所という部屋をリフォームするのは、ちょっと大変かもしれません。そんな時、洗面台だけ新調するという場合もあるでしょう。その際、洗面台の「収納スペースの広さ」を確認しましょう。
一般家庭向けの洗面台の下には、収納スペースがあると思います。このスペースはキッチンのシンク下と同じ様に、小物の収納に活用できると思います。

この洗面台の下の収納スペースを活用する方法としては、普段洗面台を使う人ごとに場所を分けて収納する方法や、物の用途別に分けて収納するという方法があります。
人ごとに分ける方法では、例えば一番上は「お父さんの物」、次は「お母さんの物」という風に分けて収納します。人によって場所を分けると、使う人にとっても使いやすいと思います。
用途別に分ける方法では、例えば洗顔に使う物(洗顔フォームやクレンジング)や、掃除用具(雑巾や洗剤)に分けて片づけます。この方法でも、使いやすくなると思います。

ちなみにユニットバス向けの洗面台には、収納スペースはないかもしれません。以前ビジネスホテルに泊まったことがあったのですが、そこのユニットバスの洗面台には「収納スペースらしきもの」はありませんでした。