いつもコンビニ弁当を食べているなら、栄養不足に気をつけましょう

コンビニ弁当と他の食材を食べましょう

コンビニ弁当普段からコンビニ弁当を食べている方に、気をつけてほしい事があります。コンビニ弁当は「唐揚げ」など、やはり油物が多いかもしれません。体の健康のためには、野菜や魚なども、きちんと食べるようにしたいです。
コンビニ弁当だけを食べるのではなくて、野菜豆類海藻類という副菜も一緒に食べるようにしてください。

野菜と言えば、毎日「新鮮な野菜」を手に入れたいと思うけれど、多忙な仕事などの都合で買いに行けない。そんな方もいる、と思います。そこで、コンビニで野菜を買うというのはどうでしょうか。コンビニ弁当を買う時、野菜も一緒に買いましょう。野菜を買い足す事は、ご自身の健康維持に役立つ、と思います。

あと、「一人暮らし」では難しい料理かもしれませんが、ぜひ鍋料理も食べてほしいと思います。鍋料理なら、たくさんの野菜や肉などを食べられると思うからです。調理家電の中には、1人用の鍋料理を手軽に作れる物もあります。最近コンビニ弁当ばかりだという方は、ぜひ鍋料理も食べましょう。

コンビニ弁当が人気であることは、「自然な流れ」と言えます。現代の食品事情では、加工食品が増加したり、食生活が欧米化したりしています。その理由は、便利であり美味しいからでしょう。しかしその代わりに、栄養を失う調理や脂質過剰な食事が多くなってしまいました。

ただし、コンビニ弁当や加工食品が100%悪い訳ではありません。コンビニ弁当や加工食品を他の食材とうまく組み合わせれば、十分に栄養バランスが取れた食事になります。コンビニ弁当や加工食品を、うまく活用すれば問題ないと言えます。

ビタミン不足に注意しましょう

現在では食材が豊富なので、食生活に気をつけていればビタミンやミネラルという栄養素を、十分に摂取できるでしょう。これらの栄養素が不足することで病気になってしまうことは、あまりないと思います。

しかしコンビニ弁当やインスタント食品ばかりを食べていると、

気づかないうちにビタミン不足になってしまう可能性があります。

高カロリーな食べ物が好きな人や、脂っこい食べ物が好きな人は、特に要注意だと思います。偏った食生活は、やはり健康に悪いと言えます。

ビタミンという栄養素は、人が生きていく上で大切な栄養素の一つです。ミネラルなどの栄養素と同じように、大切な栄養成分です。ビタミンやミネラルは、人が健康的に生きていく上で必須の栄養とされています。もしも「これらの栄養」が不足すると、病気になりやすくなったり精神が不安定になったりするそうです。

例えばビタミン不足によって起こる病気の一つに、脚気(かっけ)があります。この病気は、ビタミンB1が不足することで起きる病気です。脚気になると、足がしびれたり動悸が起こったり、倦怠感などの「だるさ」が出たりする、という症状が現れます。
この病気を治すためには、体内にビタミンB1を投与して補うという治療をすることになります。

ビタミン不足を防ぐ食事

ビタミン不足を防ぐ食事として、「乳製品を取る事」「甘い物を控える事」などがあります。
例えば牛乳はビタミンを始め、いくつかの栄養素が入っています。牛乳が好きな方は、1日1本飲んでも良いです。ちなみに私は牛乳が嫌いなので、ヨーグルトを食べています。リンゴやアロエ、ブルーベリーのヨーグルトならフルーツ味なので、牛乳が苦手でも食べられます。

甘い物をたくさん食べると、砂糖などの糖質を大量に取る事になります。その糖質の代謝に、ビタミンB1やビタミンB2をたくさん消費する事になります。
よって砂糖をたくさん取る事は、ビタミン不足に繋がると言えます。甘い物については、程々に食べるようにしてください。

色んな栄養が必要です

現在の食生活については、カロリーは十分ですが、ビタミンやミネラルなど、体の機能を整えるために必要な栄養素が不足している、と言われています。例えば野菜は、昔に比べると栄養価がどんどん落ちています。それは化学肥料に頼った農法が、原因だそうです。ビタミンやミネラルが土から吸収されなくなったため、と言われています。

人が生きてゆくためには、とても多くの栄養が必要と言えます。ビタミンやミネラルを始め、タンパク質や脂肪、炭水化物などの栄養も必要です。
今まで栄養のことをあまり考えずに、なんとなく食事を取ってきました。そう考えると今まで健康で生きてこられたのは、偶然だったのかもしれません。これからは「コンビニ弁当の食べ過ぎ」に、ちょっと気をつけようと思いました。