ひんやりと涼しいクール寝具

クール寝具

夏の季節では毎日蒸し暑い日が続いて、疲れ気味です。なので睡眠をしっかり取る事が大事です。
そんな暑い夏の夜、熱帯夜だからといってエアコンを「つけっぱなし」にして寝る事が、多いかもしれません。だけど人によっては、体調を崩す「きっかけ」になったりします。

そんな事情にも対応するために、寝苦しい夏でも快適に眠れる寝具として、クール寝具と言われる物が多くのメーカーから発売されています。そういう状況より毎年夏になると、クール寝具が話題に上ります。

クール寝具とは、その名が示す通りで「ひんやりと涼しい寝具」のことです。
クール寝具

クール寝具・イメージ画像

気温と共に温度も高いという日本の熱帯夜を考慮して開発された物です。例えば冷却マットやジェルパッド、冷却マクラなどが開発されて発売されています。冷却マットを使うと、眠りにつくまでの間、涼しく過ごせます。

クール寝具という名の通り、熱を外部に流してくれます。蒸れにくくて、「べたつき」もありません。蒸し暑い夜でも、快適に睡眠できるでしょう。

布団の上に通気性が良いマットを置いて眠った際、湿気のない状態・蒸れない状態を維持できます。なので、快適に眠る事ができます。寝具において、通気性が良い事は大きなメリットだと思います。特に夏の暑い夜では、このような通気性に優れた寝具を使うと眠りやすい、と思います。

寝具の素材は、高温の時も低温の時も(暑い時も寒い時も)、肌に対して程良い温度を維持しようとする素材だったりします。例えば「その素材」は、寝具の中の温度を31度から33度くらいに保つ素材だったりします。一般的に、人が快適だと実感する肌表面の温度は、33度と言われています。

大ヒットしたクール寝具

クール寝具の中には、「冷え過ぎに注意」とまで言われた物がありました。以前にテレビでも紹介されて、大ヒットした「クールウォーターパッド」です。体感温度がマイナス4度になる、と言われているくらいに冷えます。なので夏の熱帯夜でも、涼しく眠れる寝具と言えます。

水道水を使うだけという簡単なパッドです。よって、電気代は0円です。そして一般的なクール寝具に使われているジェルと比べて、冷却効果に優れています。
さらに、水がパッド内を移動するので、パッドが体型にしっかりとフィットします。まるでウォーターベッドみたいに寝心地が良い、と言われています。
経済的であり、冷却効果に優れているクール寝具を、ぜひ知っておきましょう。

年中使えるクール寝具

クール寝具は、その名前から夏だけ使える寝具と思われています。しかしクール寝具の中には、冬でも使えるオールシーズン対応の物があります。
一年中使えるクール寝具という事より、冬の季節では「温かさ」を保つ寝具として使えます。もちろん夏では、「涼しさ」を実感できる寝具になっています。熱や湿気を発散できる寝具だからです。

クール寝具の一つに、マットレスがあります。一年中使えて丸洗いもできて、体圧分散性にも優れているという特徴を、持っている物があります。敷き布団の代わりとしても、充分に使える物となっています。
夏でも冬でも使えるクール寝具も、ぜひ知っておきましょう。

クールマックス素材の敷きパッド

暑い夜に涼しく眠れるというグッズが、いくつかあります。その中の一つに、クールマックスという素材を使用した「敷きパッド」があります。
人は眠っている間に、汗が出ます。このパットは「その汗」を吸い込んで、すぐに乾かします。その時、水分が蒸発するという現象が起きます。その気化熱によって、体温を下げます。
つまり、自分の汗が乾いて蒸発する時に、自分の体の熱を奪って蒸発してゆきます。その現象のサイクルは、とても早いという事です。
以上の現象により、涼しく眠れます。

しっかり眠って夏バテ予防

夏の季節では、熱帯夜になる事が多いです。寝苦しい夜が続き、寝不足になってしまう事もよくあります。そんな状況が続くと体調を崩して、夏バテを引き起こしてしまう可能性があります。
眠る時の避暑対策と言われているものが、色々あると思います。避暑対策を行なう事で、質の良い睡眠を取れるでしょう。きちんと眠ることで、夏バテの予防になります。朝に起きたら、頭もすっきりしているでしょう。

「涼しさ」を実感しつつ眠りたい人には、クール寝具がおすすめです。ひんやりしていて素早く体を冷やしてくれる寝具だからです。寝心地も「柔らかさ」を感じられて、心地良いでしょう。