美容整形を受ける前に、医師と相談すべき事

相談すべき3つの事

医師美容整形のトラブルで多いのは、患者さんがイメージしていたものと結果が異なってしまった、というトラブルです。

このようなことにならないために、医師とのコミュニケーションが重要となってきます。
では、どのようなことを事前に心得ておく必要があるのでしょう。
以下に、医師と相談する際に大事な点を3つ、ご紹介したいと思います。

希望を伝える事

自分はどうしたいのか、自分の希望・意志・イメージを具体的にします。そしてそれを、はっきりと医師に伝えることが必要です。

施術内容を、きちんと理解する事

何が可能で、何が不可能なのか、身体的・精神的・経済的な負担はどれだけなのか、明確にしておくことが重要です。

自分の健康状態や病歴を、正確に医師に伝える事

アレルギーの有無や年齢によって、適切な治療は変わります。場合によっては、治療を受けられない事例もあります。
妊娠中の方、また、その可能性がある方も医師に相談すべきです。未成年の方は、保護者の承諾が必要です。

※上記3つの他にも相談したい事があれば、どんどん相談してください。

納得行くまで相談しましょう

メスを使わずに、注射で薬剤を注入して「しわ」を取ったりするなど、最近の美容整形手術は随分と手軽になりました。
このような気軽な施術は「プチ整形」と呼ばれて、人気があります。
身体的・経済的そして精神的にも、美容整形のハードルは低くなっていると言えるでしょう。

ですが曖昧に医師と相談したために、

こんなはずじゃなかったのに……と後悔する方もいるようです。

納得が行くまで、ぜひ医師と相談してください。

「望み」を叶えてくれるはずの美容整形が、心に深いを負わせてしまう可能性があります。そうならないために事前に充分に話し合い、納得した上で施術に臨みましょう。

美容整形
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム