痛みが「ほとんどない」と言われている、美容整形のレーザー脱毛

美容整形のレーザー脱毛は、

レーザー光によって皮膚の表面を傷つけることがなくて、毛がポロッと抜けてしまうという脱毛です。

国家資格と医療知識を持つ専門の看護師が、行ないます。人気の美容整形の一分野です。

レーザー光には、特定の色を感知して、その部分だけに集中的に熱を加えて反応するという性質があります。
この性質を利用して、毛根の部分にある黒い色素(メラニン)にだけ反応させて、皮下の毛根を熱で破壊するのがレーザー脱毛です。つまり黒色に反応するレーザーを肌に当てて、毛穴の中の毛根を破壊して成長を止めてしまう、という方法です。

なお、黒い色に反応するため、日焼けし過ぎた状態の肌に対しては、施術できないこともあります。

ほとんど痛みなし

レーザー脱毛の場合、電気針脱毛とは異なり、痛みがほとんどないことが特徴です。個人差もありますが、敏感な人でも、さほど苦にならないほどだそうです。
ただしレーザーを照射した時には、パチンと「弾いた輪ゴムのような感覚」がある、と言われています。

実際、皮膚へのダメージも少ないため、敏感なエリア(脇の下やビキニライン、背中・うなじ・お腹)などはもちろん、顔の産毛にも安心です。
敏感肌の方、アトピー性アレルギーがある方も、ぜひ検討してみてください。

短時間で処理

また、レーザー脱毛の場合、短時間で終了できることも特徴です。
直径が約1センチから1.5センチの範囲に、1分間に60回から120回ほど連続照射できます。よって例えば、毛穴の1本1本に針を入れていく電気脱毛よりも断然、短い時間で脱毛を行なえます

一度に広い範囲を処理できるため、両方の脇の下でも10分くらいで処理できます。忙しい方にピッタリでしょう。

肌への効果

美肌

レーザー脱毛の効果は、脱毛そのものだけではありません。レーザー脱毛の場合、毛根から破壊してしまうため、毛穴が塞がります。
毛穴が目立たなくなるため、肌の「くすみ」や「ザラザラ感」が改善されて、キメが細かくスベスベな肌を手に入れられるでしょう。

また、レーザー光は、ワキガのニオイの元にもなるアポクリン腺にも作用します。なので、ワキガ対策にも効果を期待できます。

その他、皮下のシミを熱で破壊するため、「シミ」や「そばかす」に対しても、レーザー治療は適しています。

脱毛
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム