美容整形で失敗しないために、セカンドオピニオンを受けましょう

インフォームドコンセント

美容整形は一般の保健医療と異なり、自己責任が大きく発生する医療行為です。
「綺麗になりたい」と願っても、手術を求める「あなた自身」がイメージする綺麗は、他の人たちと「違い」があるでしょう。
あなただけの綺麗を実現するためには、医師とよく話し合い、自分の希望を正しく伝える必要があります。

美容整形の治療方法・手術方法において、まずはカウンセリングで、きちんとしたインフォームドコンセントを受けることが必要です。

インフォームドコンセントとは、医師が患者に対して適切なアドバイスをする、そして患者の「同意を得る事」を言います。

医師と相談

例えばわかりにくい医療専門用語について、医師は患者に、わかりやすく丁寧に説明する必要があります。

このようにして、医師のアドバイスに同意した上での治療が、最も正しい治療となるでしょう。

セカンドオピニオン

充分にインフォームドコンセントを行なっても、一つの美容整形機関、一人の医師のカウンセリングだけで、すぐに手術の契約をしてはいけません。

必ず2、3か所の機関で、クリニックの医師からセカンドオピニオンを受けてください
もしもレントゲンやCTなどの検査結果・血液検査などがある場合、それら結果について「持ち出し」の許可を得てください。
もし、それを許可してくれないような美容整形機関なら、その機関について考え直してみたほうが良さそうです。

複数の専門家に相談しましょう

美容整形手術は、急速に進歩しています。同じ結果を求める方法が、たくさんあります。なので美容整形の複数の専門家から、あなたの希望・体質などを充分に考慮した治療法の情報を、得ることが大切です。

あなたの希望を実現する美容整形手術について、

どのようなリスクがあるのか、
どのような選択肢があるのか、
何が最も適した治療法なのか、

複数の専門家から、ぜひ有益な情報を得てください。

「日帰り美容整形手術」「プチ整形」など、美容整形は「どんどん身近」になりつつあります。
しかし美容整形手術は医療行為なので、決して「安易な気持ち」で行なってはいけません。色々な情報を集めた上で、それらの情報を鵜呑みせず、慎重に「美容整形の良し悪し」を判断することが大切です。

美容整形
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム