美味しい水を飲むには「お金」が掛かる、ウォーターサーバーのコスト

維持費ウォーターサーバーを利用し続ける際のコスト面が、気になるかもしれません。
最近のレンタルのウォーターサーバーは、とてもお安くなっています。ですが、最安値という訳ではありません。時には、近所のディスカウントストアで、もっと安いペットボトルの天然水が販売されている場合もあるでしょう。

安全で美味しい水を手に入れるためには、それなりの維持費が掛かる事を理解しておきましょう。

ウォーターサーバーに掛かるレンタル料

近年、一般家庭における「水に対する考え」が変わってきているようです。それに対応するため、ウォーターサーバーのメーカーが、一般家庭用にコンパクトな物を作っています。そして個人に対してレンタル契約を開始しています。その需要は年々増加している、と聞きます。

ウォーターサーバー家庭用のウォーターサーバーを使用する場合、ほとんどの場合、レンタルすることになるそうです。なぜなら、個人で購入したウォーターサーバーを自宅に設置する人が、少ないからです。

多くの家庭において、レンタルによってウォーターサーバー本体を利用しています。レンタルするほうが、その後使用しなくなった場合に引き取ってもらいやすいからです。試しに使ってみる、というような感覚で使用できます。お手軽と言えます。

自宅にウォーターサーバーがあれば、冷水も温水も飲みたい時に作れます。とても便利な機械と言えます。

安くなった「サーバー本体のレンタル料」

近年、レンタル・ウォーターサーバーの人気が高まっていると聞きました。その理由として、昔に比べて料金が「お手頃」になった点、重たい水を宅配してくれる点などが挙げられます。

ウォーターサーバーを借りた場合、結局どれくらいの料金が掛かるのか?ちょっと不安に思うかもしれません。
一昔前では、業務用の機械が中心でした。なので、その料金も高額だったようです(個人向けの料金ではなかったようです)。
現在では、一般家庭用のウォーターサーバーが登場しています。個人向けの商品なので、それなりにリーズナブルになっていると思います。

満足している女性

お安い価格で嬉しい

そのレンタル料については、様々な料金設定があります。一般的に言うと、ウォーターサーバー本体のレンタル料は、高くても1000円くらい、安い場合は0円つまり無料だそうです。
無料なら、ウォーターサーバーをレンタルしてみようと考える人が増えるのも納得です。なお、無料の場合では、利用条件としてミネラルウォーターを定期購入する必要があるようです。

参考までに昔のウォーターサーバーの事情を言うと、買い取りで5万円から10万円ほど掛かったそうです。いくら美味しくて安全な水が手に入るからといって、初期費用としてそれだけの金額を支払う事は一般家庭では難しかったと思います。

近年の「お手頃価格」なウォーターサーバーが、これからも提供され続ける事を願いたいです。

レンタル料が無料のサーバー本体

美味しい水を飲めるウォーターサーバーの中には、レンタル料が無料の物があるそうです。
サーバー本体のレンタル料が0円という物の中には、あまり信用できない業者の物もあると、口コミ情報などで言われています。
そう言われていますが、信頼できる会社の物もあります。事前によく調べて判断しましょう。

ミネラルウォーターの定期購入が条件

ウォーターサーバーのレンタルでは、無料で本体を貸し出している業者が増えてきているようです。無料ということなので、レンタル代は0円となります。

それでは貸し出す業者は、何によって利益を得ているのでしょうか。それは、ミネラルウォーターの販売によって、利益を得ています。

レンタル業者から、

ウォーターサーバーで使うミネラルウォーターを定期購入する事が、本体のレンタル料を無料にする条件

となっているようです。
つまりサーバー本体を0円で借りるなら、水を購入する事になります。その場合、ウォーターサーバーを契約している家庭に向けて、水宅配業者から天然水が宅配されることになります。

レンタル料が無料のウォーターサーバーの場合、水の料金は平均より若干高めだそうです。
ちなみに「水の成分」としては、有機ゲルマニウムが含まれている物があったりします。水の料金は高めですが、健康水として美味しくいただけると思います。

サーバー本体のレンタル料が無料と聞けば、やはり「お得な感じ」がします。ですが、もしも購入する水が不適切に高額な場合は、かえって損をする可能性もあります。気をつけましょう。

水の料金

購入する水の料金については、12リットルの水で1000円から2000円ほどだそうです。水の料金もこれくらいなら、利用してみようと思う方もいるでしょう。

もちろん、これからずっと料金が安いままであるとは言えません。ですが、お手頃な価格が続く限り、レンタルのウォーターサーバーの人気は続くと思います。

サーバー本体だけレンタルの場合

水の料金は、それぞれの業者によって様々です。中には、ちょっと高額な業者もあると聞きます。

もしも、ミネラルウォーターを自分で安く入手できるなら、ミネラルウォーターを業者から購入する必要はありません。ウォーターサーバー本体だけをレンタルできる業者と契約すると良いです。
レンタルに関する条件を確認して、サーバー本体だけレンタルできる業者を選びましょう。

電気代

ウォーターサーバーを使う際、電気代が掛かります。あまり使わないなら、100円くらいで済むかもしれません。だけど頻繁に使用すると、2000円くらい掛かる事もあるでしょう。

メンテナンス料金

電気代の他には、メンテナンス料金も掛かります。メンテナンスについては、無料で行なう業者が多いようです。でも中には、有料の業者もあります。有料の場合は、年間で15000円くらい掛かるところもあるそうです。
メンテナンス料金が無料の業者では、宅配する水の料金にメンテナンス料が加算されている場合が多いそうです。つまりメンテナンス料が、すでに水の料金に含まれていることになります。

メンテナンス料金は、ウォーターサーバー全体の維持費において差を生む原因と言えます。事前に確認しておきましょう。

メンテナンス料金は、ウォーターサーバーを使い続けるコストとして、うっかり忘れてしまいそうなものと言えます。しかし水は、体の中に直接取り入れる飲み物です。なので衛生面を考えると、やはりウォーターサーバーのメンテナンス作業は必須と言えます。

安全で美味しい水を飲み続けるためには、メンテナンス料金は必要なコストです。

多くの人達において、レンタルのウォーターサーバーを使おうと思った「きっかけ」の一つは、健康的で安全な水を飲みたいからだと思います。それなのにメンテナンス料金をケチっては、本末転倒と言えます。
ウォーターサーバーの衛生面を管理するためには、専門業者によるメンテナンスは必要です。適切なメンテナンス料を支払うことを、理解しておきましょう。

浄水器
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム