コスプレしやすい「ハロウィンというイベント」

仮装した子供たちが歩き回るハロウィン

アメリカではハロウィンの時期が近づいてくると、ハロウィンの専門店がオープンします。世の中の雰囲気も、「ハロウィンらしさ」に染まっていきます。

ハロウィンと仮装する事は、切っても切り離せない関係と言えます。なぜならハロウィンには、仮装した子供たちが近所を歩き回って「お菓子をもらう」という風習があるからです。
その時、仮装した子供たちは

「Trick or treat(お菓子をくれなきゃ、イタズラするぞ)」
 

と唱えながら、近所を歩き回ります。

コスプレしやすいハロウィン

ハロウィンの仮装は、元々は「魔女」や「お化け・怪物」という怪奇性があるキャラクターの仮装をすることが、一般的です。

しかし日本では、仮装する事に重点が置かれているようです。なのでハロウィンの仮装パレードでは、様々な姿に成り切っている人をよく見かけます。

ハロウィン仮装のコスチュームには、「ドラキュラ」や「魔女」という定番な衣装から、「天使」や「お姫さま」という可愛い感じの衣装まで、様々な物があります。
また、ハロウィンとは、あんまり関係がないコスチュームも見られます。その時に人気の芸能人を真似した物やセクシーな大人向けのコスチュームなど、色んな人たちが出歩くようです。

日本においては、とりあえず何でもいいから仮装すれば良いという状況です。なので、普段コスプレしない人でも、ハロウィンというイベントではコスプレしやすいと思います。

しかしそうは言っても、パレードなどで人前に出るのは恥ずかしい、という人がいるかもしれません。そんな場合は、例えば少人数の身内のハロウィンパーティーなら、人目を気にしなくても良いので大丈夫だと思います。
パーティーは、仮装しやすいイベントです。なので、このような機会にコスプレすることに挑戦してみると良いでしょう。

様々な衣装

多くの人たちがコスプレするということで、ハロウィン・グッズを取り扱うショップでは、様々な衣装が用意されています。魔女やドラキュラという定番な衣装を始め、まるでディズニーのプリンセスのようなドレスもあります。シスターやメイド、映画やアニメのキャラクターなども用意されています。

ハロウィンでは、まずは仮装することが習慣になっていると言われています。そう言われると、仮装衣装を用意するのに「お金が掛かりそう?」と思う人がいるかもしれません。
しかしネットショップや実店舗を確認すると、お手軽な値段で仮装の衣装が見つかります。
結構お安く衣装を揃えられる、と思います。

「手作り」の衣装

ちなみにハロウィンのコスチュームについては、家にある物で作れる衣装もあります。市販されている衣装と比べると単純な物になりますが、「手作りの良さ」があると思います。

ゴースト

「古い感じ」の紙を用意します。袋状になっている物が利用しやすいです。
目の部分に穴を開けます。頭から被ったら、ゴーストとなります。

魔女

魔女のコスプレしている女性黒いワンピースを着ます。もしもワンピースがないなら、黒いスカートと黒いブラウスでも良いです。

その上から、黒いマントに見えるショールまたはケープを羽織ります。これで洋服部分のコスプレが、できました。

次に、魔女の帽子を用意します。固めの紙を円錐に切ります。帽子の「つば」の部分も作ります。「円錐」と「つば」を張り合わせて、魔女の帽子の出来上がりです。

魔女のコスプレに限らず、ワンピースという服はプチパーティーで活躍できます。例えばジャケットとニーハイのソックスを合わせれば、程良くドレスダウンできてカジュアルな印象になります。また、パンツと組み合わせれば、「ボーイッシュな感じ」にできます。



タイトルとURLをコピーしました