知らないうちに被害に遭う可能性あり、クレジットカード犯罪

クレジットカード犯罪

フィッシング犯罪

クレジットカードの犯罪で、フィッシング犯罪というものがあります。
フィッシング犯罪の手口は、以下のようなものになります。

メール文などで偽物サイトへ誘導して、個人情報を入力させます。
その盗んだ個人情報を利用して、銀行などから不正に現金を引き出すという手口です。

その時のメール文は、まるで公共機関や金融機関からのメールであるかのように作られています。メールを受信した人を、巧みに偽のサイトへ誘導します。

最悪の場合、クレジットカードの最大限度額まで、現金を引き出されてしまうそうです。そういう犯罪に遭わないために、パソコンを使っている時は注意が必要です。

パソコン用セキュリティ対策ソフトの中には、フィッシング対策をしてくれるソフトがあります。そういうセキュリティ対策ソフトを使って、対策しましょう。

とにかく、第三者が個人情報を引き出そうとしているように感じたら、すぐに金融機関に問い合わせてください。

スキミング

カード犯罪には、フィッシング犯罪の他にもあります。例えばスキミングです。

スキミングとは、クレジットカードの情報を盗み出して、カードを偽造する手口です。

特殊な装置を使って、クレジットカードに記載されている情報や記録されている情報(カード番号や有効期限など)を盗み出します。そして新しいカードを偽造する、という手口です。
この犯罪に用いられる装置を「スキマー」と言います。

このスキミングの恐ろしい点は、クレジットカードの持ち主が、自分のカードが偽造されてしまったことに、なかなか気づかないという点です。
そのため知らないうちに、第三者によって高額なショッピングをされていたりします。

クレジットカードの犯罪に気をつけましょう

クレジットカードを悪用する犯罪者特に、使わないクレジットカードをたくさん持っている方は、気をつけてください。クレジットカードは持っているだけでも、知らずに被害に遭う可能性があるからです。

年会費無料のクレジットカードが登場したこともあり、クレジットカードが普及しています。
しかし、フィッシング犯罪やスキミングというカード犯罪も多くなっているようです。

日常生活
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム