赤ちゃんを守るベビーベッド

ベビーベッドなどのベビー用品は、赤ちゃんが快適に過ごすために必要な物と言えます。
赤ちゃんは、細菌などに対する抵抗力が「とても弱い」です。

ベビーベッドは通気性が良いので、ホコリから赤ちゃんを守ります。
そして「高さ」があるので、床の冷たい空気からも赤ちゃんを守ってくれます。

1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんに、ベビーベッドという衛生的で過ごしやすい環境を用意してあげましょう。

ベビーベッドの安全な使い方

良い置き場所

生まれたばかりの赤ちゃんを、ベビーベッドに寝かせておくことが多いと思います。
このベビーベッドは、どこに置いても良いという訳ではありません。まずは、その置き場所を考える必要があります。

良い置き場所としては、

「直射日光が当たらない所」「エアコンの風が、直接当たらない所」、
「周辺に落下物がない所」「目がすぐ届く所」「テレビが近くにない所」、

これらのような場所が理想的です。

一般的に「寝室」や「リビング横の和室」などが、ベビーベッドの置き場所として選ばれることが多いようです。赤ちゃんのベッドの周辺を点検して、事前に危険を防ぎましょう。
なお、ベビーベッドの近くに「角のある家具」が置かれている場合は、クッションなどで角をカバーしておきましょう。

柵を上げておく事

ベビーベッドの柵赤ちゃんをベビーベッドに寝かせる際は、必ず柵を上げておいてください。赤ちゃんであっても手足を動かしているうちに、あちこちに移動する場合があるからです。

また、柵があっても、体が動いた時に柵に「ぶつかる」ことがあります。なのでベビーベッドについて、赤ちゃんが怪我をしないように作られているかどうか、確認しておきましょう。

ベビーベッドの柵と敷布団の間に「やや広い幅のある隙間」があると、赤ちゃんの顔が「はさまってしまう可能性」があります。そうなると窒息する危険があります。なので使用時では、隙間がないようにしてください。

赤ちゃんが落ちる事故は、結構多くあるそうです。ベビーベッドやベビーカーから転落する事例が、多いようです。

ちなみに赤ちゃんから見て高い場所は、たくさんあります。ソファ、階段、玄関のたたき、出窓、ベランダ、自転車の補助椅子など、身近な所にあります。
赤ちゃんがハイハイできるようになったら、転落事故を防ぐために危ない箇所にはゲートを設置しておきましょう。

ベビーベッドの選び方

ベビーベッド

近年ベビーベッドが普及してきた理由の一つに、マンションやアパート住まいの家庭が増加したことや、住宅が洋室化したことが挙げられます。
洋室化によって、床がフローリングの住宅が増えました。そして床のホコリから赤ちゃんを守るために、ベビーベッドが利用されるようになってきました。

普及して利用されるようになったベビーベッドについて、その選び方をご紹介したいと思います。

部屋に設置できるサイズ

ベビーベッドを選ぶ際、「その大きさ」も重要です。良いベッドを手に入れても、部屋に置けなかったら意味がありません。事前に、「大きさ」の確認が必要です。

よくあるベビーベッドのサイズは、内側が120cm × 70cmくらいの大きさです。

「ベビーベッドのサイズ」と「部屋の広さ」には、少なからず関係があります。その関係をもっと大きな視点で考えると、「建物」と「室内の間取り」にも少なからず関係があると言えます。

大きな家で部屋が広ければ、大きなサイズのベッドを設置できます。当たり前と言えば当たり前ですが、家の中に配置する家具は「建物の大きさ」と関係があります。

なお、収納スペースが下に付いているベビーベッドも多いです。収納扉が「前開き」の物である場合には、その分のスペースも必要となります。実際に利用するのに必要なスペースを、確保できるようにしましょう。

安全である事

ベビーベッドを選ぶ時、「PSマーク」や「SGマーク」の表示がある物を選びましょう。

PSマーク

PSマークの「PS」とは、「Product Safety(製品安全)」という意味です。国で定めている安全基準に合格した物に対して、PSマークが表示されています。
ベビーベッドは、赤ちゃんの生命に危害を及ぼす可能性がある寝具です。そのため国から「特別特定製品」として指定されています。そして安全基準を満たしているか、確認されています。
なお、PSマークの表示がないベビーベッドを販売することは、禁じられています。

SGマーク

SGマークの「SG」とは、「Safety Goods(安全な製品)」という意味になります。製品安全協会が定めている審査に合格した物に対して、表示されています。安全だと認定された事を示します。

SGマークの対象となっているベビー用品には、ベビーベッドがあります。その他にもベビーカー、抱っこひも、パイプ式の子守り具、ベビーゲート、ハイチェア、乳幼児用の椅子、テーブル取り付け用の椅子などがあります。

乳幼児用ベッドの基準

SGマークには、品目によって認定基準があります。例えば乳幼児用ベッドの基準には、手足を傷つけることがない事を目視や触感などで確認します。「割れ」や「ささくれ」などが無いという事が、認定基準の一つとなっています。

この他にも、乳幼児用ベッドの安全性品質のための認定基準は、全部で23個あります。表示・取扱説明書の認定基準は、5個あります(2008年当時)。
表示・取扱説明書の認定基準の一つに、使用上の注意の明記があります。その使用上の注意の中には、ベッドで使用する敷布団は「適当な固さ」が必要である事、ベッドとの隙間がないように書かれていなければならない事、これらの事が盛り込まれています。

最近では、ベビーベッドをレンタルする人も多いようです。使用する期間が短いからです。
ベビーベッドをレンタルする場合でも、購入する場合と同様にSGマークなどの安全性を示すマークがあるか、確認しましょう。安心して赤ちゃんを育てられる環境を、用意する事が大切です。

子育ての環境に合うタイプ

ベビーベッドの主な種類を、ご紹介したいと思います。ご家庭の子育て環境に合うタイプの物を選びましょう。

スタンダードタイプ」のベビーベッドは、最も一般的なタイプと言えます。
下の段の空間は、ベビー用品などを収納できるスペースとして使える物が多いです。

ミニベッドタイプ」のベビーベッドは、コンパクトにできています。
通常のベビーベッドのサイズが125cmに対して、約95cmと小さくなっています。ベビーベッドを置くスペースがあまりない家庭に向いているベッドです。

ロングライフタイプ」のベビーベッドは、赤ちゃんの成長に合わせて、他の家具に組み替えられます。
例えばベビーベッドからベビーサークルに組み替えたり、同様に収納ラックやジュニアベッドなどに、組み替えたりできます。

立ちベッドタイプ」のベビーベッドは、一般的なベビーベッドよりも「床板の高さ」が高くなっています。
「高さ」があるので、中腰にならずに立った状態でオムツ替えや着替えなどができます。腰の負担を軽くできるベッドです。

添い寝タイプ」のベビーベッドは、大人用のベッドにくっつけて使えます。
サイドの枠を開閉できるため、赤ちゃんを世話する際、とても便利なタイプです。

ネットタイプ」のベビーベッドは、枠の4面がネットになっています。
ネットで囲まれているので、赤ちゃんが寝返りした時も安心でしょう。
また、「お兄ちゃん」や「お姉ちゃん」「室内のペット」が、赤ちゃんに「いたずらする事」「触る事」を防げます。4面のネットが、赤ちゃんを守ってくれるベッドです。