手術という方法もある、乱視の治療法

乱視の治療法

医師

手術のイメージ画像

乱視の治療方法として、レーザー治療やレーシックによる手術があります。

職業(例えばスポーツ選手)においては、眼鏡やコンタクトレンズを装着したくない事情があります。そのような方においては、手術によって乱視治療を行なうことになります。

レーザー治療

治療方法の一つであるレーザー治療は、乱視を始め、遠視や近視も治療できます。日本を始め、世界中で多くの人たちが、レーザー治療を受けています。ある程度「視力の回復」に成功しているそうです。

レーザー治療の手術では、角膜の形状を整える手術になります。コンピューター制御による、とても精度の高い手術だそうです。

レーシック手術

レーシック手術でも、乱視の治療をできるとされています。日本でも近年、レーシックという言葉が聞かれるようになってきました。

手術ということより、眼科医の診断が必須となります。ご自身の目を手術することが適正であるかどうか、医学的に判断してもらうことが必要です。

軽い乱視の場合、治療不要

乱視の症状について、特徴的な点は「物が二重に見える」という点です。また、物の一部が「かすんだり歪んだりする」こともあります。

軽度の乱視である場合は、そのような症状が「あまり出ない」こともあります。軽度の乱視では、見え方にそれほど支障がないと思います。なので、そのままにしていて良いでしょう。
ですが目に対して、常に余計な負担を掛けていることになります。よって、疲労を感じるでしょう。例えば、「目の疲れ」や「頭痛」などの眼精疲労に悩むことになるでしょう。

眼精疲労について、眼科で相談

私事になりますが以前、眼精疲労について眼科で相談したことがありました。私は普段から仕事や趣味で、長時間パソコンを見つめていることが多いです。そのため、目がとても疲れていました。

その時の診察では、眼精疲労用の目薬をもらいました。赤色の目薬でした。その目薬はサンコバ水と呼ばれている、眼精疲労に対するビタミンB12の点眼水でした。調節力の改善効果がある目薬ということです。

診察料は、確か1000円以下でした。意外と安かったので、たまに眼科で目を診察してもらうのも「いいな」と思いました。

なお、乱視が原因で「目の疲れ」や「頭痛」がある場合は、やはりハードコンタクトや眼鏡を用いて対処するほうが良いそうです。