部屋を飾るインテリアとして使えるクッション

部屋を飾るクッション

いつもそこにあるのがまるで当たり前のように、クッションがソファーや床の上に置かれています。その目的は人が座る際に使うため、と言えます。

そんな身近な実用品と言えるクッションは、装飾品として部屋に置かれている場合もあります。部屋のコーディネートを考えた場合、

クッションは部屋のアクセントとして使える物です。

部屋を飾るクッション

例えば真っ黒なクッションを部屋に飾れば、シックな雰囲気を演出できます。

部屋の照明や壁紙と同じように、クッションを使えます。つまりファッションアイテムの一つとして、クッションを活用できます。
毎日の生活をちょっと楽しくするために、お気に入りのクッションを部屋に飾ってみましょう。

風水インテリアとしても使えるクッション

インテリアに風水を取り入れる手法は、人気があります。風水インテリアについて書かれた本も、たくさん出版されています。

風水インテリアで大切な事の一つに「色」があります。
インテリアの色は、部屋の印象に影響を与えます。そして「気」についても、大きな影響を与えます。

例えば明るい赤やオレンジは活気を生み出して、陽のエネルギーを高めます。
明るい青や緑などのパステルカラーは、穏やかで落ち着いた雰囲気にしてくれます。陰のエネルギーを高めます。

もしも部屋に色を追加したい時は、

クッションみたいな持ち運びできる物を使うと、手軽に色を追加できます。

「心地良い」と感じる場所に、好きな色のクッションを置いてみましょう。部屋の印象が良くなる、と思います。

デザイン性が高い「北欧のクッション」

北欧雑貨を始めとする北欧ブランドの製品に、人気が集まっています。そのデザインはシンプルでモダン、いつまでも飽きのこないデザインです。日本製品とは一味違う雰囲気を持った物と言えます。

北欧ブランドの製品には、クッションもあります。北欧のクッションには、デンマーク刺繍などの刺繍が施されていたり、「ビビッドな色使い」でポップなデザインだったりと、「北欧らしさ」が感じられる物になっています。

そんなデザイン性の高いクッションは、部屋の中で存在感を示してインテリアとしても最高です。そのデザイン性の高さゆえ、コレクションアイテムになっている物もあるそうです。

日本の家具屋さんでも、北欧ブランドの製品が多数取り揃えられていると聞きます。ぜひ一度、実物をご覧になってください。きっと「その魅力を感じ取れる」と思います。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム