相手の家族に迷惑をかけるから、ハッピーエンドにならない「不倫する事」

不倫しても、ハッピーになれるよね?

不倫してバレたら、相手の家族から恨まれたり、社会的信用を失ったりします。
不倫してハッピーになるのは、なかなか難しいです。

不倫相手と結ばれても、今度は自分が不倫されて、好きな人を奪われてしまう可能性があります。
不倫相手が浮気性だからです。

相手の家庭を壊すから、許されない恋愛と言える不倫

夫の不倫現場

許されない恋愛と言えば、やはり不倫でしょう。

既婚の人を好きになってしまった場合、世間的には認められないことなので、誰も応援してくれないでしょう。

「結婚している人を好きになった。ただそれだけ」

不倫をしている人の多くは、そう言ったりします。
しかし周りの人にとっては、やはり不倫なのです。

でも、不倫をしている当事者にとっては、恋愛となります。
恋愛は楽しい。付き合い始めの頃は特にそう思います。
アドレナリンが出てきて、脳が正常に判断できなくなっている時です。

普通の恋愛であれば、楽しむことが許されます。
だけど不倫の場合、思いっきり「恋の喜び」を味わうことができません。不倫の恋愛は、相手の家庭を壊すことになるからです。

浮気が本気の恋愛になってゆくから、不倫になりやすい「女性の浮気」

女性の浮気は、男性の浮気とは違うとされています。

男性の浮気は、単純に相手の女性に性的な魅力を感じているから浮気する、という感じです。

ですが女性の場合は、相手の男性そのものの魅力に引き込まれたためのようです。女性の浮気は、本気の恋愛に限りなく近いと言えます。

本気なので、そのまま放っておくと浮気レベルで済まされない状態になります。
浮気相手に対して、女性はどんどんのめり込み、「深み」にはまってしまうそうです。

独身女性と既婚男性との不倫関係において、そのような「深み」にはまった浮気の恋愛を見ることができます。

個人差はありますが、女性のほうが「寂しさ」を感じていると浮気の誘惑に負けてしまう、と言われたりします。
彼女に寂しい思いをさせないことが、浮気対策の基本となるでしょう。

妻が不倫したら、多くの場合で離婚状態

ちなみに「ある統計」によると、妻が不倫した場合、その後元通りになるのは30%くらいということです。

半分以上は、残念ながら離婚状態になってしまうそうです。

この修復率の「低さ」は、夫側が妻の不倫に気づくのが遅すぎる、そんな状況が原因かもしれません。

夫側が鈍感という訳ではないと思いますが、妻の不倫の兆候に「なかなか気づかない」みたいです。

そして気づいた時は、もう「手遅れ」のようです。

浮気相手の女性に「妻に無いもの」を求める、男性の浮気

夫の不倫現場

男性の浮気については、単純に性的な魅力によるものと言われています。

しかし、例外もあります。

例えば「妻に無いもの」を、浮気相手の女性に求めているという事例があります。

具体的に言うと、妻は夫に文句を言うだけで「ほったらかし」だとします。
そんな場合、夫は自分のことを「温かく聞き入れてくれる女性」を求めたりします。

口うるさくて文句ばかり言う妻と、優しくて聞き上手な浮気相手の女性。

夫が「どちらに魅力を感じるか」、たぶん浮気相手の女性でしょう。

もちろん、妻が文句ばかり言うことだけが、浮気の理由とは言えないです。
しかし、浮気の「きっかけ」になると言えます。

男性が浮気するのは100%男が悪い、確かにその通りだと思います。

ですが男性が浮気するのもしないのも、結局、女性次第とも言えます。
ちょっと気に留めておきましょう。

「世間からの風当たり」が厳しい不倫

以上、色々と言いましたが、一夫一妻制が常識とされている社会(国)では、「不倫に対する風当たり」は厳しいです。

もしかしたら一夫多妻制(多夫一妻制)の国なら、それほど大きな問題にならないかもしれません。

世間からのバッシングを受けても不倫をし続けるには、社会的信用を失っても構わないという、個人的な覚悟が求められるように思います。

例えば、「誰にも祝福されなくても、この人と一生を共にする」という覚悟です。
不倫をするなら、相手の家族を壊したことを償う覚悟が必要です。

そんな事を言われたら、不倫は面白くないと思うかもしれません。

ドラマや映画では、不倫は純愛のように描かれることがあります。
しかし実際には、「かなり嫌な思い」をするでしょう。

相手の家族に迷惑をかけるから、ハッピーエンドにならない「不倫する事」

不倫の場合でも「好きという気持ち」は、誰にも止められません。
基本的に、「相手のことを思う気持ち」は自由と言えます。

だからと言って、不倫を積極的におすすめできません。

相手の家族に迷惑をかけるので、不倫の結末がハッピーエンドとは保証できないからです。

慰謝料を請求されたりしたら、ハッピーエンドにはなりません。

今度は、自分が不倫の被害者になる可能性があります

幸せになれない他の事例も、考えられます。

例えば、女性が既婚男性のことを好きになり、そして不倫関係となり、既婚男性が離婚をして女性と結ばれたとします。

その女性にとっては、ハッピーエンドに見えます。
ですが、不安要素もあります。

例えばその男性が、別の女性と「再び不倫関係になるリスク」です。
その男性は、浮気性(不倫しても良し)という可能性があります。

相手から奪った場合、今度は、自分が不倫されて奪われてしまう可能性があります。

【まとめ記事】どうしたらいい?恋愛トラブル

ささいなことでケンカしたなら、あとで謝ったら問題ないでしょう。 仲直りできると思います。 だけど浮気や不倫をした場合、相手との信頼関係は壊れます。 恋愛トラブルに…