不貞行為で慰謝料を支払うことになるかも?浮気の代償

ちょっとくらい浮気しても大丈夫!

もしも不貞行為を行なったら、その代償は大きいです。
慰謝料を支払うことになったりします。

どうしても浮気したいなら、絶対にバレないようにしてください。

不貞行為で慰謝料を支払うことになるかも?浮気の代償

慰謝料

「ちょっとの浮気なら許してもらえるだろう」。

そんな「軽い気持ち」で、別の異性と付き合い始める方もいるかもしれません。

ですが、その代償は大きいと知っておく必要があります。

「不貞」や「嫉妬」などのマイナスの言葉だけなら、まだ良いです。
しかし万が一、実際に不貞行為を行なってしまったら、取り返しがつかないです。

不貞行為について言うと、夫婦間において配偶者以外の異性の人と肉体関係を持つことを、不貞行為と言うそうです。

そして気をつけるべき点は、自分の意志つまり自由意志において、配偶者以外の人と肉体関係を持った場合、不貞行為となります。

慰謝料を請求する場合では、自由意志による肉体関係があったかどうかが、重要だそうです。

そう考えると法的には、

  • メッセージやメールのやり取り
  • プレゼントのやり取り

これだけでは、不貞行為とならないようです。
例えば浮気相手に香水をプレゼントした場合も、不貞行為とならないようです。

「浮気していても肉体関係がなければ、法的にギリギリセーフになるはず」。

そんな屁理屈を主張する人もいるかもしれません。

ですが法的にギリギリセーフでも、人間関係的にアウトな気がします。
たぶん嫌われてしまうでしょう。

絶対にバレないこと、浮気のマナー

ところでマナーと言われるものの中に、悪いことをしているのに守るべきマナーと言われているものが、あります。

例えば、浮気のマナーです。

よく言われている浮気のマナーとして、「絶対にバレないこと」があります。

もしも浮気をするなら、パートナーに一生隠し通す覚悟で浮気をすること。

そんなふうに言われています。

浮気がばれた場合、パートナーはもちろんのこと、子どもたちや両親など様々な人たちを傷つけることになります。

予想になりますが、周りの人を傷つけないためのマナーとして、先程の浮気のマナーが言われているように思えます。

このマナーの意味するところは、

バレない自信がないなら「最初から浮気なんてするべきでない」。

そんな意味も示唆しているように思えます。

【まとめ記事】どうしたらいい?恋愛トラブル

ささいなことでケンカしたなら、あとで謝ったら問題ないでしょう。 仲直りできると思います。 だけど浮気や不倫をした場合、相手との信頼関係は壊れます。 恋愛トラブルに…