ネットの保険サービスで、生命保険を節約しましょう

実は、かなり高額になる生命保険料

私事になりますが、月末が嫌いです。なぜかと言うと、「毎月の支払い」があるからです。インターネット代やスマートフォンの料金、そして生命保険の保険料などが口座から引き落とされます。通帳を見るたびに、ちょっとがっくりしています。

実は、このような「毎月の支払い」は、5年間・10年間・20年間という長い期間で考えると、かなり高額な金額になります。なので可能なら見直して、料金を節約するほうが良いです。

「契約内容の見直し」において、イマイチわからないものに保険の契約内容があります。万が一、生活に困った際に助けてくれる保険ですが、保険の素人の私には、契約内容で理解できない点も多いです。

生命保険の見直し

保険料を計算する
保険料を見直しましょう

生命保険の節約について「どうしたら良いか?わからない」という人は、保険業者の公式サイトを見たり、インターネット上の保険サービスを利用してみましょう。

インターネットを通して、「無料の見積もり」や「資料の一括請求」を行なえます。
無料でファイナンシャルプランナーに相談できるものもあります。より節約できる保険の選び方を、アドバイスしてもらうと良いでしょう。

様々な生命保険がありますが、その中には「かなり安い保険料のもの」があります。
安い保険は最小限の保険なので、不安に思うかもしれません。しかし保険料の節約では、大切なことです。

例えば1泊2日からの保障という保険がありますが、もしも1泊2日のために保険料が高くなっているのであれば、その保険を解約するという選択もあります。1泊2日の場合は自己負担をして、その代わりに保険料を安くするという考え方もある、と思います。

現在では、日帰り治療できる病気も増えてきています。現状に合わせて保険を考えてゆくと、良いでしょう。
今の自分に(例えば独身の自分に)必要ない保障を解約する、必要な保障だけ、選ぶ。少し面倒ですが、そうすることが節約になります。

支払い方法による見直し

保険料の支払い方法で生命保険を分類すると、大きく分けて「積み立て型」と「掛け捨て型」の2種類になります。
「積み立て型」は、支払った保険料が被保険者に払い戻しされる商品です。「掛け捨て型」は、保険料が金銭的な補償のみに使用されます。

保険で積立する必要性を感じず、毎月の保険料を少しでも安くしたいという方は、「掛け捨て型」が良いでしょう。
例えば「家族みんな」が生命保険に入った場合、保険料の合計金額は「掛け捨て型」のほうが安いと言えます。

「掛け捨て」の保険に加入するメリットは、保険料が安いこと、手軽な「手続き」で加入できることです。
ただし「積み立て型」とは異なり、保険期間終了時に払い込んだ保険料は戻ってきません。保険期間終了時に再度、新たな生命保険商品に加入する必要があります。

必要保障額による見直し

生命保険商品をどのように活用するかを考える時、重要なのは必要な保障額です。
自分や親、兄弟が予期せぬ身体の不調に見舞われた場合、どの程度の経済的な保障が必要か?この点を考えて保険プランを選びましょう。

家族が将来どのように生活していくのかがある程度予想できれば、必要な保障金額も見えてきます。
もしも自分で判断できない場合は、保険会社に相談してみましょう。あなたが納得できるまで説明してくれるでしょう。

必要な保障金額は、可能な限り詳細に算出する必要があります。家族構成、子どもの教育や結婚、定年などのターニングポイント、必要な貯蓄額などを考慮することが大切です。

見直しして節約しましょう

生命保険は、毎年新しい商品がどんどん出ています。昔に加入した生命保険よりも、保障内容や保険料において優れているものもあります。なので定期的に「生命保険の見直し」をやったほうが良い、と思ったりします。
ウェブを利用すると、手軽な操作で生命保険の加入ができます。よって「生命保険の見直し」も、しやすいでしょう。

近年の自分の希望としては、「掛け捨て」で保険料が「安いもの」が良いと思っています。全く保険に入らないという考えもあったのですが、やはり最低限の保障は必要だろうと思い、何らかの保険には入っておこうと思いました。

保険は、家の次に高い買い物と言われています。きちんと節約していきましょう。