健康に対する効果が高い「濃いお茶」

体に良いと期待できる健康茶

健康茶最近毎日、健康茶を飲んでいます。炭酸飲料のほうが、「のど越し」は良いでしょう。だけど体に良いのは、やっぱり「お茶」だと思います。

現在では、健康茶と呼ばれている「お茶」は数多くあります。種類がたくさんあるので、その効能も、それぞれに「違い」があります。
例えば高血圧を改善したい人は、高血圧に良いと言われている「お茶」を飲むことになります。同様にダイエットに良い「お茶」、美容に良い「お茶」などがあります。自分が望む効果によって、お茶を選ぶことになります。

健康茶の中には、病気の症状を緩和したり改善したりする、と言われている物もあります。例えば「うつ病の改善」などを期待できたりします。その他の症状では、頭痛や更年期障害、リウマチ、発汗過多を改善する効果を期待できる「お茶」もあります。
ただし、まずは「それらの症状」を専門医に診てもらってください

健康に対する効果が高い「濃いお茶」

健康の効能を強く期待して健康茶を飲む場合、いつもよりも「お茶の濃度」を濃くして飲む事があります。
お茶の濃度と健康に対する効果には、やはり関係があるようです。例えば「薬を煎じる」という言い方がありますが、お茶の場合も同様に煎じて飲むと、より一層の健康効果を期待できます。
ただし「お茶」は、食品であって薬ではありません。なので過剰な健康効果を期待できません。ご注意ください。

健康茶を飲む目的として、まるで漢方薬みたいに飲みたいなら、濃縮することになります。通常飲む量の3割から半分くらいまで水分量を減らして、お茶を濃くします。
なお、濃い目の「お茶」は苦い味です。なので美味しいとは言えません。ご自身の体の健康のためと思って、我慢して飲むことになります。
ちなみに味が苦くても、お茶は天然の食材です。なので副作用などの心配はありません。安心して飲めると思います。

健康茶を初めて飲む場合

初めて飲む健康茶の場合、薄めに入れましょう。その後「自分の好み」に合わせて、少しずつ濃くしていくと良いです。
初めて飲んだ「お茶」が濃過ぎた場合、「渋くて飲めない、まずい」と思ってしまうことがあります。第一印象が悪いと、その後、積極的に飲まなくなってしまうかもしれません。私事ですが、以前に杜仲茶を濃い目に作って飲んでいた時期がありました。ダイエット効果を期待していたからです。だけど苦すぎて、飲み続ける事ができませんでした……。

毎日、健康茶を飲むなら、やはり美味しい「お茶」を飲みたいです。その際、「お茶の濃さ」が大事です。普段から「お茶」を飲み慣れている方なら、「お茶の濃さ」についてすでに理解しているでしょう。だけど初めて飲む際は、ちょっと気をつける必要があります。

「健康茶選び」の注意点

健康茶で良い物を選ぶには、いくつか注意すべき点があります。
例えばブレンドされている「お茶葉」を選ぶ際、ちょっと注意が必要です。パッケージに、原材料名とグラムが書かれているか、確認しましょう。

例えば「どくだみ茶は何グラムか」「玄米茶は何グラムか」、正しく書いてある物が良いです。どくだみ茶は、玄米茶よりも高価と言えます。もしも「どくだみ茶」がちょっとだけブレンドされているなら、それは「ほとんど玄米茶」となります。どくだみ茶ではないです。
このようなブレンド茶では、どくだみ茶の効能を得たくて飲んでいる場合、あまり意味がないと言えます。

あと、原産地は、良い茶葉かどうかを見分ける目安となります。原産地の中には、農薬がたっぷり使われている所、お茶が育つには悪い環境の所があります。もしも悪い環境で作られた「お茶」だったら、それは健康茶とは言えないでしょう。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム