保存先が「とても大事」データのバックアップ処理

データをバックアップする段階で決めるべきことは、

「どこにデータをバックアップするのか」、つまり「データの保存先はどこか」

ということです。

ハードディスク現在のハードディスクは大容量が当たり前になっており、そこに保存されているデータの量は膨大になります。
特に動画データや音楽データが多数ある場合は、データの容量が大きくなりがちです。

作業の手間と時間を考えると、データをバックアップする際の保存先は、大容量のハードディスクにするのが現実的です。
例えば外付けハードディスクや、(デスクトップ・パソコンなら)内蔵型ハードディスクを使用できます。※現在では、大容量SSDもバックアップ先として選べます。

物理的に別の場所

外付けハードディスクデータのバックアップ先は、物理的(機械的)に別の場所にすることを「おすすめ」します。
バックアップ元のハードディスク装置に何らかのトラブルがあった場合でも、バックアップ先のデータを保護できるからです。

もしもバックアップ元と同じハードディスク内にデータをバックアップした場合、そのハードディスク装置が故障したら、元データとバックアップ用データが同時に消えてしまいます。
装置の故障を考慮した場合、バックアップ専用の「別のハードディスク装置」を用意するほうがデータを保護できる、と言えます。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム