視力の低下と関係がある、脳のストレス

視力低下の「きっかけ」脳のストレス

何か悩んでいる事・心配な事・不安な事などは、ありませんか?
もしもあるなら、その事が視力悪化の進行を早めているかもしれません。

実は、こういう「脳のストレス」が視力の低下に繋がっていたりします。

悩む女性視力の回復を目指す上で、目と脳の関係については知っておいたほうが良いでしょう。そのほうが、視力の回復に役立ちます。

目は、視神経の集合体と言われています。
目は「たくさんの神経」で形成されていて、脳に直接繋がっています。
このため脳のストレスが、視力の低下をもたらします。物を見る行為は、脳と密接に関係していると思って良いでしょう。

人間の情報収集は、ほとんど目から行なっています。なので視力が悪いと脳に情報が行かず、判断する力や記憶する力など、脳の機能が低下することになります。

脳が元気なら視力も回復

私達は目の健康と脳の健康について、考える必要があります。
脳の健康に良いのは、ツラすぎるストレスがない私生活です。
毎日が楽しくて、笑いがある生活を送れるように、何かでストレスを発散するようにしましょう。

自分が興味ある事・好きな事をやって、羽を伸ばすのも良いでしょう。
(スポーツで汗をかいたり、英会話や楽器などの習い事をしたり、美味しい物を食べたり、ドライブに行ったり、友人と「おしゃべり」をしたり、買い物に行ったりなど)。

心や体が喜べば、脳もスッキリして喜び、元気になります。そして、

その「脳の喜び」が視力にも影響して、視力回復に繋がっていきます。

ストレスが解消された時の目は、きっとイキイキと輝いているでしょう。

視力回復トレーニングを行なっている場合でも、私生活(プライベート)は、重要なトレーニング環境の一つと言えます。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム