ニオイ対策に使えるデオドラント剤

たくさんあるデオドラント剤

女性は元々おしゃれに敏感な方が多い、と思います。なのでエチケット対策として、ニオイ対策もすでに行なっている人が多い、と思います。

普段から近所付き合いなどで、多くの人と接することが多いでしょう。なのでニオイ対策をしておくほうが安心です。そして一昔前と比べて、女性の社会進出も増えています。仕事においても多くの人と接する機会が多いでしょう。ビジネスシーンでは、私生活以上にエチケット対策が求められている状況だと思います。

そんな状況を反映しているためか、女性用のデオドラント剤が多数販売されています。その種類はたくさんあって、どれを選べばいいか?ちょっと迷うかもしれません。ですが、ご自身の利用状況にピッタリと合うデオドラント剤がきっと見つかる、と思います。ぜひ「お気に入りの物」を見つけてください。

デオドラント剤の口コミ

自分に合ったデオドラント剤を見つけたい場合、すでに利用している人の口コミが参考になると思います。例えば敏感肌の人が書いた口コミは、多くの敏感肌の人にとって有益な口コミとなるでしょう。ご自身の立場や境遇と似ている人の口コミは、ぜひ参考にしたい情報と言えます。

ネット上で見かけたデオドラント剤の口コミの一つに、「赤ちゃん向けのベビーパウダー」がデオドラント剤としても使える、という口コミがありました。きめ細かいパウダーを肌に塗ることで、汗から肌を守ってくれます。その結果デオドラントの効果も得られる、という感想でした。

その他の口コミには、スティックタイプのデオドラント剤は消臭効果が長続きした、というものがありました。スティックタイプだと、肌に対して薬剤を直接塗り込めるので、消臭効果が長く続くという意見でした。

以上の口コミが、自分自身に当てはまるかどうかはわかりません。個人差があるからです。ですが口コミを読むことで、自分が今まで知らなかった情報が手に入る事もあるでしょう。メーカーからの公式の商品情報とあわせて、消費者からの口コミ情報も参考にしてください。

デオドラント剤の種類

シートタイプ

「メイク落とし」の美容製品で、シートタイプの物があります。同じように消臭対策の製品にも、シートタイプの物があります。持ち運びしやすくて外出先でも手軽に使える事より、人気のタイプとなっています。

一般的にシートタイプのデオドラント剤は、ウェットティッシュみたいな物に消臭効果のある薬剤を染み込ませた物になります。汗をかいてニオイが気になる体の部分を、シートで直接、その汗を拭き取れます。消臭の効果を「かなり期待できる製品」と言えます。

なお、肌に「日焼け止め」などを塗っている場合は、その使い方に注意が必要です。シートで肌の汗を拭き取る際、「日焼け止め」も一緒に拭き取ってしまう可能性があるからです。出来るだけ汗のみを拭き取るようにしてください。

クリームタイプ

デオドラントのクリームワキガ対策や加齢臭が気になる人に「おすすめのデオドラント剤」として、クリームタイプの物があります。
クリームタイプのデオドラント剤は、肌に薬剤を直接塗り込めます。なので消臭の効果が長持ちする、と言われています。持続性が高いタイプの物だと約1週間も消臭効果が続く物もある、と聞きました。1週間も消臭の効果があれば、ケアの手間を省けて便利だと思います。

ただしクリームタイプのデオドラント剤は、体に塗り込む際、ちょっと手間がかかります。外出先や勤務先では、使いづらいタイプだと思います。多くの場合、自宅で丁寧にクリームを塗り込むという使い方になる、と思います。「お風呂上がり」や「朝起きた時」に、ニオイが気になる体の部分にクリームを塗ると良いです。

足の臭い消し

「体のニオイの悩み」と言ったら、ワキガと答える人が多いでしょう。脇のニオイについては、女性だけでなくて男性も悩んでいると聞きます。
そのワキガとともに悩んでいる人が多い体のニオイとして、足のニオイがあります。私も以前に、飲み会の部屋が座敷だった際(靴を脱いで上がる部屋だった際)、自分の足のニオイが気になったことがありました。

足のニオイを消したい場合、デオドラントのクリームが良いそうです。足にクリームを直接塗り込むと、消臭の効果が高いと言われています。

ただし、デオドラント剤の使い過ぎはいけません。使い過ぎるとかえって「肌荒れ」が起きたり、菌が少なくなり過ぎて別の雑菌が増えてしまうなど、肌の環境が悪化したりするからです。
デオドラント剤の使用は、最小限にしておきましょう。そして「お風呂」に入った際に、足をしっかり洗って足を清潔に保ちます。まずは、ニオイの元になる「足の汚れ」を落とすようにしてください。



タイトルとURLをコピーしました