ちょっと知っておくと役立つ、消臭の節約術

台所

消臭の節約術について、お話したいと思います。
三角コーナーの生ゴミ多くの方が消臭したいと思っている場所に、台所があります。台所には生ゴミなどが置かれているので、どうしても不快なニオイがします。特に夏になると、ニオイがキツくなります。

こんな場合、消臭剤の代わりとしてレギュラーコーヒーを使う事で、嫌なニオイを抑えることができます。
使用するコーヒーは、未使用のコーヒーではありません。コーヒーを出し終わった後の残りカスです。これを乾かして布などに包んで、台所に置いておきます。そうするだけで、脱臭剤の代わりになります。

今までレギュラーコーヒーを作った後、残りカスを捨てていた方も、脱臭のために使う事を検討してみましょう。例えば冷蔵庫や下駄箱の中にコーヒーの粉を置いておく、という使い方もできます。

冷蔵庫

台所において、ニオイが気になる箇所は生ゴミのある所だけではありません。例えば、冷蔵庫があります。冷蔵庫の中がクサいと、そのクサいニオイが食材に移るかも?と不安に思うかもしれません。

この場合では、消臭剤の代わりとしてカマボコの板を使えます。
しかし、カマボコの板を直接置く訳ではありません。燃やして炭にして、木炭の代わりにします。消臭剤の中には、木炭を使用した商品があります。それを自作する事になります。

カマボコの板を焼く場合は、必ずアルミホイルを巻いてください。直接焼くと、「火事になる恐れ」があります。
自作した炭については、冷蔵庫の中にそのまま置きません。炭をキッチンペーパーで巻いて置くようにしましょう。

なお同じ方法で、割り箸からも炭を作れます。カマボコの板がない場合、割り箸から炭を作っても良いです。
ここでは消臭の節約術としてお話しましたが、木炭を自作するという手間がかかります。面倒に思えたら、市販の消臭剤を買って使うほうが良いです。

他には、古くなったパンなど、食べるのに適さないパンを脱臭剤や除湿剤として利用できます。使い方は、冷蔵庫に「そのパン」を入れておくだけで良いです。ただし時間が経つと、パンからカビが生えてきます。そうなる前に処分するようにしてください。

客間

客間などの部屋のニオイを消す方法として、果物を置く方法があります。
特に「りんご」が有効です。「りんご」には、嫌なニオイを消し去る効果があります。部屋に何個か「りんご」を置いておけば、消臭剤の代わりになるでしょう。例えば食後のデザートとして、部屋にさり気なく「りんご」を置いておけば良いです。

その他の方法には、お茶をフライパンで炒める事で嫌なニオイを消せます。
また、タバコのニオイを消したい時は、濡らしたタオルを手で振り回してみましょう。タオルがタバコのニオイを吸い取ってくれます。

部屋のニオイについては、掃除をするだけでは防げない場合があります。上記のような消臭方法を知っておくと、突然の来客にも対応できると思います。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム