薬物療法で改善できると考えられている「うつ病」

うつ病の症状

DSM-IV-TR(精神疾患の分類と診断の手引き)によると、うつ病の主要症状として次の二つが挙げられています。

  • 抑うつ気分
  • 興味・喜びの喪失

抑うつ気分

「抑うつ気分」とは、気分が落ち込み、何をしても心が晴れないという「嫌な気分のこと」を言います。また、「空虚感」や「悲しみ」なども意味します。

「抑うつ気分」によく似ている症状としては、「自分には何の価値もないと感じる無価値感」や、「自殺念慮・希死念慮」があります。簡単に症状をまとめると、「気分が落ち込んで嫌な毎日である。自分には存在している価値はなく、死にたいと思う」という訴えである、と言えます。

興味・喜びの喪失

「興味・喜びの喪失」とは、発病する前までは楽しんでいた事を楽しめなくなってしまう、という感情が麻痺した状態を言います。

「興味・喜びの喪失」に似ている症状には、「気分の低下と易疲労性(いひろうせい)」や「集中力・思考力・決断力の低下」という状態があります。簡単に症状をまとめると、「何をしても面白くなくて、物事に取り掛かる気力がなくなった。何もしていないのに疲れてしまう。考えがまとまらず、小さな物事さえも決断できない」という訴えになります。

余談:血液検査

余談になりますが、確か2007年頃のニュースだったと思いますが、血液検査によって、うつ病や統合失調症などを判断できるようになった、と聞きました。
今まで本当に「うつ病」なのに信じてもらえなかった人にとっては、良いニュースだと思いました。なぜなら、血液検査という科学的な手段で「うつ病である」と判断してもらえるからです。

抗うつ薬

抗うつ薬とは、主に「うつ症状」を緩和することを目的として用いられる薬剤です。うつ病・うつ症状を始め、パニック障害や強迫性障害、摂食障害に対しても用いられます。不眠や慢性疼痛(とうつう)に対しても、用いられることがあります。

主な抗うつ薬には、以下の物があります(2008年当時)。

  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)。
  • セロトニン – ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)再取り込み阻害薬(SNRI)。
  • 三環系抗うつ薬。
  • 四環系抗うつ薬。
  • ドーパミン – ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(DNRI)。これは、日本国内においては未承認です。
  • 塩酸ププロピオン(商品名:ウェルブトリン)。
  • モノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害薬)。副作用により扱いにくいということで、現在では、ほとんど使われていません。

抗うつ薬を用いる際、躁状態の惹起(じゃっき:事を引き起こすこと)について、注意する必要があります。うつ状態の患者に抗うつ薬を投薬すると、躁状態になるという症状があります。これは疫学上の反証はありますが、経験的に知られています。

抗うつ薬の副作用

抗うつ薬を用いる場合、その副作用に注意する必要があります。
例えば、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬という古い世代の薬の場合、抗コリン作用などがあります。この作用により、口の渇き、便秘、目のかすみ、排尿困難などの副作用が出たりします。
また、アドレナリンα受容体遮断の作用により、低血圧、めまいが起こります。
抗ヒスタミン作用により、眠気、体重増加が起こります。

古い世代の抗うつ薬である三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬と比べて、新しい世代の抗うつ薬であるSSRISNRIでは、副作用は軽減されてきています。排尿困難や眠気という副作用については、軽減されてきています。しかし、吐き気や性欲減退などの副作用が報告されています。

これらの副作用以外にも、抗うつ薬を用いる際に注意すべき事がいくつかあります。よって抗うつ薬の使用については、専門医の指導の下で行なってください。

副作用のためハッピーになれない?

ところで近年、抗うつ薬を「ハッピードラッグ」として服用する例が見られました。抗うつ薬を服用すると「気持ち」が明るくなるからという理由で、服用するようです。
もしかしたら、前向きに生きる姿勢を強調するという目的があるのかもしれません。ですが、抗うつ薬の作用は非常に複雑です。なので、深刻な副作用をもたらすこともあります。

抗うつ薬の一つに、アナフラニールという薬があります。この副作用として便秘、尿が出にくくなる、口が渇くという症状が出たりします。このような副作用が出た場合、結果としてハッピーな生活を送れないと思います。
安易な服用は、脳の機能に変調をもたらす危険もあります。必ず、専門医の判断に基づいた処方が必要です。

自殺の危険性

抗うつ薬を用いる際、自殺の危険性について注意する必要があります。
抗うつ薬、特にSSRIの処方を開始した直後に、未遂も含めて、自殺のリスクが高まるという報告があります。

なぜそうなるかについては、様々な説があります。
一つに、それまであまりにも重症で自殺の意欲すらなかった患者が、自殺を図ろうという意欲を持ってしまうという説があります。
他には、SSRIが受容体のダウンレギュレーションを行なうことから、処方を開始した直後に、一時的に「うつ病の症状が悪化する」という説もあります。

うつ病を改善できる薬物療法

薬物療法以前では「うつ病の治療法」として、その効果が証明されていた方法は電気けいれん療法でした。
一方で近年、薬物療法つまり抗うつ薬の投薬による療法について、その有効性が臨床的そして科学的に実証されてきています。抗うつ薬が効果を示す理由としては、それが神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど)に作用するため、と言われています。

昔では、うつ病は「心の病(精神の病)」とされてきました。しかし近年の研究では「脳の疾患」である、とされています。脳内物質であるセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどが脳内で不足している、とされています。
よって、これらの脳内物質の分泌を薬物療法により促進させる事で、うつ病の症状を改善できると考えられるようになってきました。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム