周辺機器ドライバの復旧

ディスクメディアから復旧

CD-ROMパソコンソフトのドライバとは、「デバイスドライバ」の略です。OSと周辺機器の間で動作している重要なプログラムです。Windowsが周辺機器を制御するために必要なプログラムです。通常ではCD-ROMなどのメディアで、周辺機器に付属しています。

もしもOSのクリーンインストールなどを実施して、ドライバのプログラムが無くなってしまった場合、周辺機器が使えなくなってしまいます。デバイスマネージャーで確認すると、ドライバがインストールされていない周辺機器では「?」マークが付いています。

この時、デバイスドライバを復旧すれば、周辺機器を使えるようになります。CD-ROMなどから、周辺機器ドライバの復旧を行ないます。

メーカーのウェブサイトにあるデバイスドライバ

ところで、デバイスドライバが収録されているCD-ROMを失くしてしまった場合、どのようにドライバを復旧すれば良いでしょうか。
インターネットを利用できるなら、メーカーのウェブサイトから周辺機器のドライバを取得できることが多いです。
例えばプリンターのドライバを復旧したい場合は、そのプリンターのメーカーのウェブサイトを見てください。ドライバファイルのダウンロード方法や、そのインストール方法などが、周辺機器別に解説されていると思います。

ただし周辺機器のメーカーによっては、ドライバプログラムを公開していない場合もあります。そんな時は、ドライバプログラムの取得を諦めることになるかもしれません。
一昔前のことになりますが、私が使っていたパソコンで、Windowsのスタンバイ状態から復帰した時、音が出ないことがありました。音を出すために、最新のサウンドドライバをネット上で探しました。ですが結局、見つけることができませんでした。その当時は仕方なく、音が出ない状態でパソコンを使っていました。

ドライバのロールバック機能

周辺機器のドライバをインストールした時、その周辺機器が正常に動作しなくなってしまう場合があります。例えば最新版のドライバをインストールしたら、デバイスが正常に作動しなくなってしまった、などです。
新しいバージョンのドライバは、バグが修正されていたり、新機能が利用できたりします。しかし、たまに問題のある物が配布されたりするようです。このような不適当なドライバをインストールすると、今まで正常に作動していたデバイスが動作しなくなったりします。

Windows OSでは、ドライバの復旧機能があります。ドライバのロールバック機能です。この機能を利用すれば、以前のドライバに復旧できます

デバイスマネージャーを操作して、ドライバを復旧できます。

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」を、選択します。
  2. 「devmgmt.msc」と入力して「OK」ボタンを選択して、デバイスマネージャーを起動します。
  3. トラブルを起こしているデバイスには「!」マークが付いています。
    そのトラブルを起こしているデバイスを選択してダブルクリックすると、該当するデバイスのプロパティが表示されます。
  4. 「ドライバー」タブを選択します。
  5. 「ドライバーを元に戻す」ボタンを選択します。

古いドライバに復旧されます。これで、デバイスが正常に動作するようになります。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム