痩せやすい体になると言われているBCAA食品

ダイエット中でも必要不可欠なタンパク質

ダイエットと言ったら、食事の量を減らすことだけを考えがちです。ですが体に必要な栄養素の中には、極端に減らしてはいけない栄養もあります。
その代表的な栄養は、タンパク質です。タンパク質は「炭水化物」「脂質」と並ぶ3大栄養素の一つで、私たちの体を構成するための「とても大切な栄養素」です。

それでは、タンパク質は人間の体に、どのように働き掛けているのでしょうか。
主にタンパク質は、筋肉や臓器を作ったり、エネルギーの代謝を促進したり、免疫力や抵抗力を強化したりしています。
また、「脳への働き」をサポートして、老化防止にも役立っています。

このようにタンパク質は、人間の体に必要不可欠な存在です。なのでダイエット中でも、きちんと摂取しましょう。

必須アミノ酸

タンパク質は、約20種類のアミノ酸から構成されています。そのうちの9種類は、体内では合成できません。だから「その9種類」を、食品から取り入れる必要があります。

この9種類のアミノ酸は、「必須アミノ酸」と呼ばれています。その一つでも不足してしまうと、他のアミノ酸とのバランスが悪くなってしまいます。

必須アミノ酸を取るには、良質なタンパク質を食べること、同時に多くの食品を食べることが大事です。一般に必須アミノ酸を含む食品は、肉や魚介類、卵や乳製品などです。

動物性の食品には、必須アミノ酸がバランス良く含まれています。しかし過剰に動物性タンパク質を取ると、同時に脂肪分も取ってしまいます。その場合、肥満の原因となってしまうので、気をつけましょう。

動物性・植物性の様々な食品から、バランス良くタンパク質を摂取してください。そして適度な運動も心掛けて、健康的にダイエットをしましょう。

BCAA・分岐鎖アミノ酸

アミノ酸イメージ

アミノ酸のイメージ画像

分岐鎖アミノ酸(BCAA)とは、バリン・ロイシン・イソロイシンという3種類のアミノ酸のことを言います。
体内で合成できない「9種類の必須アミノ酸」の中の「3種類のアミノ酸」のことです。

この3種類は「同じような働き」をして、他のアミノ酸には持ってない構造上の特徴があることから、分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれています。

痩せやすい体

BCAAを摂取することで、痩せやすい体になると言われています。
BCAAは、筋繊維を作り上げるタンパク質の原料となります。BCAAを摂取して運動することで、筋肉が付きやすくなるそうです。その結果、基礎代謝が向上して、脂肪を燃やしやすい体になるという訳です。

ただしBCAAを摂取するだけで痩せる、という訳ではありません。BCAAそのものが、脂肪を燃焼する作用を持っていないからです。
なので、脂肪の代謝を促す有酸素運動を行ないましょう。そうすることで、より一層のダイエット効果を得られます。

BCAAを含む食品

バリンを多く含む食品は、ドライミルク・プロセスチーズ、レバー・牛肉、ピーナッツ・ゴマなどがあります。

ロイシンを多く含む食品は、ハム・鶏肉・牛肉・レバー、牛乳・カッテージチーズ・乳製品、ひき割りとうもろこし・大豆などです。

イソロイシンを多く含む食品は、牛乳・プロセスチーズ、鮭・鶏肉などです。

また、サプリメントからも、BCAAを摂取できます。
サプリメントの場合は、3種類のアミノ酸(BCAA)を一緒に取れる物が効果的ということです。この3つのアミノ酸は一緒になって働くことが多い、と言われているからです。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム