失敗の原因は?ダイエットの失敗談

夜食を食べるようになってしまった

ある高校生の女の子のダイエット体験談を、ご紹介したいと思います。

その女の子は、昼食を食べないというダイエットを始めました。その理由は、単に周りの女の子(同級生)たちがダイエットをしていたから、自分も真似したかったから、という理由でした。

昼食を食べずに1か月間ほど過ぎた頃、体重が10キロも減ったそうです。ですが昼食を食べない分、夕食の量が増えてゆきました。そしてしまいには、夜食を食べるようになってしまいました。

その結果、3か月後には体重が15キロも増えました。食べ過ぎによるリバウンドです
彼女は「この結果」に驚き、反省して、以前の規則正しい食生活に戻しました(昼食を、きちんと食べるようにしました)。

高校生という事で成長期であったため、身長が伸びました。よって体型は、スラリとした体型となりました。結果的に、特にダイエットする必要がなかった、と言えます。
一般的に成長期では、成長するためにエネルギーの消費量が多いです。規則正しい生活を送っているなら、ダイエットは不要と言えるでしょう。

ストレスが原因で過食を繰り返した

ストレスによって過食を繰り返してしまった人の体験談を、ご紹介したいと思います。

この人は高校卒業後に就職して、「不規則な生活」や「人間関係の悩み」などで、ストレスが溜まりました。そして、太ってしまったそうです。

彼女は悩み事があると、いつも「お菓子を食べる事」でストレスを解消していたそうです。食べてはいけないと思うのですが、そう思うほどイライラして「もっと食べてしまった」そうです。そういうことを繰り返してしまい、どんどん太ってしまいました。

現代人の肥満の多くは、ストレスによる過食が原因であるという指摘もあります。太らないためには、ストレス対策が重要と言えます。

もう一人の女性について同様の体験談を、ご紹介したいと思います。

仕事のストレスで食べ過ぎてしまい、太ってしまいました。このままではいけない、そう思い、極端なダイエットをして、半年で体重を20キロも減らしたそうです。しかし、ガリガリになり過ぎてしまいました。その姿は、決して美しいものではありませんでした。

彼女のストレスの主な原因は、仕事でした。なのでストレスをなくすために、大好きな写真関係の仕事に就きました。
その仕事が楽しくて、ストレスもなくなったそうです。そのおかげで、暴飲暴食もなくなりました。食事については、時間を掛けて食べられるようになったそうです。

我慢だけのダイエットで耐え切れず、暴食した

食べるの大好き女性ある人のダイエット体験談を、ご紹介したいと思います。

ダイエットとして、毎日ウォーキングをして、一日3食バランス良く食事しました。食事では絶対に甘い物を食べないと決めて、実行したそうです。

始めの2か月は順調でした。でも急に甘い物を食べたくなって、我慢できなくなってしまいました。

その反動で、それまでバランス良く食べていた食事では物足りなくなってしまい、毎回の食事で大量に食べるようになってしまいました。
それから暴食を繰り返したことで、結局リバウンドしてしまったそうです。

「我慢だけ」のダイエットでは、ストレスが溜まります。この人は、ダイエットとストレスは、とても関係がある事と痛感したそうです。