食物繊維が豊富、優秀なダイエット食品・バナナ

健康食品のバナナ

バナナ体に優しい食品の一つに、バナナがあります。バナナには、酵素がたくさん含まれています。胃の中を10分くらいで通過して、エネルギーを補ってくれる食べ物です。

また、バナナは、ほとんど水分からできている点、繊維が豊富に含まれている点から、便秘の人に「おすすめの食品」と言えます。
そしてカリウムの多いバナナは、塩分の取り過ぎによる「むくみ」や「冷え」を解消するのに効果的に作用します。

なお、冷蔵庫にバナナを入れてはいけません。皮がすぐに真っ黒に変色してしまうからです。このように、温度が低くすぎて品質が低下してしまうことを「冷温障害」と言います。食材の中には、冷蔵庫に入れたら品質が悪くなってしまう物もあります。

朝バナナ・ダイエット

ダイエットに興味がある方なら、朝バナナ・ダイエットについて聞いたことがある、と思います。

朝にバナナを食べる、昼食と夕食は好きな物を食べる、「おやつ」も食べて良い、というダイエット方法です。

個人差があると思いますが、結構ダイエットの効果があるようです。
成功の秘訣は、のんびり焦らず気長に朝バナナ・ダイエットを続けることです。もしもバナナに飽きてきたら、他の果物単品を食べても良いそうです。

やり方

朝バナナ・ダイエットの「やり方」は、朝にバナナをゆっくりと噛んで食べます。何本食べても良いです。
食べた後に、水を飲みます。朝バナナ・ダイエットでは、こまめな水分補給が大切です。冷水だと体温を下げてしまいます。常温の水を飲みましょう。

昼食

昼食については、好きな物を食べて良いです。ただし、暴飲暴食をしないようにしてください。

間食

「おやつ」を食べても良いです。ただし、アイスクリームなどの体を冷やす食品はダメです。

夕食

昼食と同様に、好きな物を食べて良いです。
夕食は、寝る4時間前までに食べます。夕食後もしも「お腹」がすいたら、バナナや果物単品をしっかりと噛んで食べましょう。

就寝

なお、夜12時前に寝る習慣をつけると、痩せやすい体質になるそうです。

健康面の心配

朝バナナ・ダイエットを「やっても良い」ですが、可能なら、和食のような朝食をきちんと食べるほうが健康的です。

バナナは栄養があるので、朝食を全く食べないよりはバナナを食べたほうが健康的でしょう。それなりにエネルギーを補充できる、と思います。
だたし、毎朝バナナを食べ続ける生活は、健康面で不安であり心配です。もしも体調不良になったら、すぐにダイエットを中止してください。

バナナでカロリーをコントロール

痩せるために食べないことは、体にとって悪いことです。
食べなかった分、胃が小さくなります。そんな時に、食べられなかったストレスから大食いすると、消化しきれない脂肪分などが体にくっつきます。
結局リバウンドすることになり、以前よりも体重が増加します。

食事制限する場合でも、栄養分をきちんと取りながら、摂取するカロリーをコントロールしていく必要があります。その際、低カロリーな健康食品などを、うまく利用してゆきましょう。例えば、カロリー控えめにするためにバナナを利用してみましょう。

バナナは、とっても手軽な健康食品と言えます。バナナにはビタミンB群がたくさん含まれているので、糖質や脂質の代謝を促してくれます。この「働き」はダイエットに良い、と言えます。

ちなみにバナナに関しては、バナナに含まれる酵素はエネルギーの代謝を良くします。そしてバナナは、不溶性食物繊維が豊富です。なので便秘にも良いです。

以上より、バナナは、優秀なダイエット食品と言えます。ダイエット中の方は、ぜひバナナを活用してください。