基礎代謝を上げてダイエットしたいなら、半身浴しましょう

ダイエットに良い基礎代謝の向上

もしも基礎代謝が高くなると消費エネルギーが増えて、ダイエットにとても効果的です
基礎代謝を増やすには、運動して筋肉量を増やすという方法があります。その他にも、基礎代謝を増やす方法は色々あります。

例えば、体温を上げる事も良い方法です。体が冷えていると基礎代謝が少なくなり、痩せにくい体質になってしまいます。
体を温める方法に、お風呂があります。お風呂で体を温めて血行を良くして、「体の冷え」を改善しましょう。

代謝を向上させる半身浴

お風呂については、半身浴が良いと思います。この場合、お風呂の温度は、ぬるめの37℃から40℃以下が最適です。

熱い「お風呂」が好きという人もいるかもしれません。でも40℃以上の熱い「お風呂」での半身浴は、体の活動を活発にしてしまいます。心身共にリラックスできる、ぬるめの「お湯」が「おすすめ」です。とくに高血圧の人は、熱い「お風呂」は危険なので注意してください。

頭から汗が流れてくるまで、半身浴しましょう。時間に余裕があれば、20分以上入っていてください。汗が出にくい場合は、お塩を少し入れると良いです。

また、半身浴をする前にコーヒーを飲んでおくと、発汗が良くなり代謝を促すそうです。コーヒーは、ブラックまたはミルク入りが良いです。ブラックコーヒーが苦手な人は、カフェオレを飲んでも良いです。

半身浴のダイエットでは、特別なダイエット器具を必要としません。湯船に腰くらいの位置まで「お湯」を溜めて、長い時間「浸かっているだけ」です。
半身浴の時間については、痩せる効果を期待するなら最低でも20分間、浸かっている必要があります。
湯船の温度については、38度くらいが良いでしょう。冷え性の人は、40度くらいにすると効果を期待できます。

半身浴にベストな時間帯は、夜ご飯を食べる前です。
少し空腹感を感じた時に半身浴をすると効果がある、と言われています。湯船に浸かることで気持ちがリラックスして、空腹感を紛らわせることもできるでしょう。

汗をかくことは、新陳代謝のアップに繋がります。肌の調子も良くなります。
芸能人やモデルさんなども自宅で「やっているという半身浴」を、あなたもしてみましょう。

半身浴の「やり方」

お風呂ダイエットには基礎代謝を上げることが良い、と言われています。
基礎代謝を向上させる方法は色々ありますが、その中の一つに半身浴があります。

半身浴では、心臓よりも下まで浸かるようにします。
腕を出しておいたほうが、心臓や肺への負担が少なくなります。肩まで浸かってしまうよりも全身の血行が良くなり、効果的です。

入浴時間については、半身浴では長く「お風呂」に入っていたほうが効果的です。少なくとも20分間くらいは、入っていたほうが良いそうです。

マッサージ

お風呂に長く入っている時、ちょっと暇だと思うかもしれません。それならマッサージをして、より効果的に半身浴を楽しみましょう。

「足の裏」から「くるぶし」、「ふくらはぎ」「膝の裏」「太もも」「太ももの付け根」まで、自分で優しくマッサージしてみましょう。その他、足首を回すのも良いです。お風呂に浸かりながら、指をからませて回してください。

気になるヒップラインも、マッサージしましょう。お尻を持ち上げるようにして、下から上にさすります。さすりながら「ひねる」ようにして、「太もも」までマッサージしていきます。

鎖骨部分もマッサージのポイントです。鎖骨の「くぼみ」は、リンパが溜まる場所だからです。指や手で、優しくさするようにマッサージしましょう。

水分を取る事

なお、入浴中は、水分を取るようにしてください。例えば500mlの水をすぐに飲めるように、近くに準備しておきましょう。
水分を取ることで発汗作用を促して、体の中の老廃物が多く排出されるようにします。ダイエットだけでなく美容にも効果的でしょう。

たくさんの汗を出すことになり、気分は良いかもしれません。ですが長時間「湯船に浸かっていること」は、危険と言えます。脱水症状を起こしたり、「めまい」や「立ちくらみ」も起きたりします。

半身浴の最中に水分を補給したり、少し「のぼせて」きたら、湯船から出て休憩したりしましょう。無理して湯船に浸かってはいけません。
また、サウナスーツを着て半身浴をする人もいますが、こちらも脱水症状の危険があります。充分に気をつけてください。

「こだわり」の入浴剤

忙しい日常生活の中で、リラックスタイムとして「お風呂の時間」を思いっきり楽しみましょう。例えば好きな音楽を聴いたり、お気に入りのアロマやダイエット入浴剤を使ったりするのも良いです。

半身浴の時だけ、いつもと違う「こだわりの入浴剤」を使うようにすると、気分をリフレッシュできると思います。

半身浴の椅子

また、半身浴では、お湯が少ないと他の家族が嫌がるので困るという人がいるかもしれません。そんな時は、お風呂の中に椅子を入れて座ると良いです。

近年では「お風呂場」がユニットバスであるという「ご家庭」も、多いことでしょう。ユニットバスと聞くと狭いイメージがありますが、大きいサイズも提供されています。親子がともに「お風呂に入れるくらいの大きさ」のユニットバスもある、と聞きます。

そしてオプションなどで、半身浴に便利なベンチを取り付けられるタイプもあると聞きます。普段から自宅の「お風呂」で半身浴を楽しみたい方は、ベンチを備え付けると良いでしょう。