みんな大好きな豆腐を、ご飯と置き換えてダイエット

理想的な大豆食品・豆腐

豆腐豆腐は、日本の食卓では「お馴染みの食品」です。低カロリーであり、価格は安いので手に入れやすいです。とても身近な食べ物と言えます。

そんな豆腐には、充填豆腐・木綿豆腐・絹ごし豆腐など、いくつかの種類があります。どの豆腐も他の食品との相性が良いため、料理で使いやすい食材だと思います。

カルシウムが豊富な食品として大豆食品があります。その大豆食品の中でも、豆腐は大豆の栄養価を「そっくりそのまま引き継いでいる食品」と言えます(なお、大豆の食物繊維については、引き継いでいません)。
豆腐は良質なタンパク質を含み、ビタミンやカルシウムも含まれている食品です。

そして豆腐では、大豆の栄養素が体で消化されやすい形になっています。よって豆腐は、大豆食品における理想的な食品と言って良いでしょう。

今まで日々の食事で豆腐を食べていた方は、ぜひこれからも豆腐を食べ続けてください。継続的なカルシウムの摂取に繋がり、歯や骨の健康維持にも役立つと思うからです。

ちなみに豆腐の主成分は、植物性タンパク質です。一般的に植物性タンパク質は、動物性タンパク質と比べて消化されにくくて、体に吸収されにくい、と言われています。
しかし豆腐の植物性タンパク質については、消化吸収されやすい物になっています。豆腐を食べる事は、タンパク質を効率良く摂取することに繋がります。

肥満防止に役立つ食品

豆腐は、ヘルシーな食品です。なのでダイエット中には、ぜひ取りたい食品です。

豆腐の原料である大豆には、良質なタンパク質が多く含まれています。栄養価が高いのに、コレステロールはゼロです。
タンパク質を始め、ビタミンB1・ビタミンE・鉄分・カルシウムなどが含まれています。栄養バランスが良いです。
イソフラボンも含んでいます。これは「女性ホルモンと同じ働き」があり、カルシウムの吸収を良くします。

そして豆腐は、肥満を防ぐのに役立つ食品です。さらに心臓病や癌、動脈硬化や高血圧という病気を軽減させて、健康の回復を助ける効果も期待できます。
また、豆腐を食べることで代謝が良くなるので、運動を行なう際、その効果をさらにアップできるでしょう。

以上のように、豆腐は健康面から見て、とても良い食品と言えます。豆腐が嫌いという人は、あまりいないと思います。ぜひ普段の食事で食べてください。

「冷ややっこの食べ過ぎ」に注意

豆腐は確かに優れた食品ですが、実は体を冷やしてしまう陰性の食べ物です。だから「冷ややっこの食べ過ぎ」には、注意しましょう。

体を冷やしてしまうと、冷えた部分に脂肪が付きやすいです。なので陽性の食べ物も多く食べるようにして、体を温めるようにしましょう。
ちなみに陽性の食べ物や調味料には、牛肉・チーズ・豚肉・魚、納豆・味噌・卵・梅干・塩などがあります。
体を冷やしたくない人は、温かい「お豆腐料理」の湯豆腐が良いでしょう。

豆腐の置き換えダイエット

豆腐でダイエットする、という方法があります。これは3食に豆腐を食べるという方法です。
「主食の代わり」に食べたり、豆腐ハンバーグにして「おかず」として食べたり、色々と料理して3食において豆腐を食べる方法になります。

ダイエット目的で豆腐を食べる際、その食べ方の一つに、ご飯を豆腐に置き換える方法があります。しかし3食の主食を豆腐で置き換えることは、無理があります。

なので1日1食ご飯と置き換えてみましょう。例えば夕食において、ご飯を豆腐に置き換えてみます。
そして2食においては、豆腐を「おかず」として食べます。「煮物」や「お味噌汁」にして、豆腐を食べてください。

豆腐で「おすすめな物」は、木綿豆腐です。「食べごたえ」があるので、満腹感を得られるからです。
置き換えダイエットを行なう際、水分をたっぷり取りましょう。便秘の予防にもなり、ダイエットの効果をさらに期待できるからです。

なお、この「置き換え」については、毎日行なう必要はありません。週3回くらいで良いです。決して無理して行なってはいけません。

他の食材も食べましょう

あと、豆腐だけという食事は、やめてください。栄養バランスが大事なので、その他の食材を「おかず」できちんと食べましょう。ご飯を豆腐に置き換えますが、その際「おかず」をきちんと食べてください。

ちなみに「豆腐そのもの」に飽きてきたら、他の種類の豆腐を食べても良いです。例えば高野豆腐も、低カロリーな食品で栄養面でも優れています。同じ豆腐ばかりで飽きてしまった時、別の豆腐を取り入れてみると良いでしょう。