アトピー治療のための食事療法

一般的に多くの病気に対して、食事療法は効果が出る方法と言われています。
そしてアトピーの場合、体質的な問題が大きいので、

食事療法によって体質を改善する事は、効果を期待できます。

病院では、アトピー治療のための食事療法を指導してくれるそうです。アトピーに対処できる食事について関心があるなら、指導を依頼してみましょう。

除去食療法

病院

アトピー治療のための食事療法の一つに、除去食療法があります。これは、アレルゲンとなっている可能性のある成分を、食事から取り除くという方法です。

アトピー専門の病院に行き、アレルゲンを特定してもらいます。そして特定された食材を、一切食べないようにします。このように疑わしい食材を食べない事によって、アトピーの悪化を防げると考えられています。

例えば子供のアトピーについて、医師から「大豆油を控えるようにしてください」と指示される場合があるようです。
なお、市販の油の中には、ほとんどにおいて大豆油が使われています。つまり実際には、油を摂取してはいけない、という事になるようです。

摂食療法

アトピー治療を行なう食事療法の一つに、摂食療法があります。これは、アトピー治療に効果があるとされている食品を中心に食べる、という方法です。
アトピー治療に効果があると言われている食品には、ヨーグルトなどの乳製品、イワシなどの青魚、キノコ類が挙げられます。

ただし、食材を選び過ぎて偏った食事にならないように気をつけましょう。偏食は、ストレスの原因にもなってしまうからです。ストレスにより、食事療法を続けられなくなってしまう可能性もあります。